猟人日記



(goo映画より)

原題 : Young Adam
製作年 : 2003年
製作国 : イギリス
配給 : ギャガ

キャスト(役名)

ユアン・マクレガー (Joe Taylor)
ティルダ・スウィントン (Ella Gault)
ピーター・ミュラン (Les Gault)
エミリー・モーティマー (Cathie Dimly)

スタッフ

監督
デイヴィッド・マッケンジー 
製作
ジェレミー・トーマス
原作
アレグザンダー・トロッキ
脚本
デイヴィッド・マッケンジー 
撮影
ジャイルズ・ナットゲンズ
音楽
デイヴィッド・バーン



英国ノアール小説を映画化。

ユアン・マクレガーは出演作品の鑑賞回数が少ないので、元々気弱な優男イメージでしたがこのセクシーで性悪な作家青年のイメージも記憶に刻まれました。
ティルダ・スウィントンも主にファンタジーでの印象が強かったので、荷役船の女房にはかなり違和感がありましたが、最初のGyaoから3度目の鑑賞でこの役に納得しました。


ストーリー

1940年代の終わりのグラスゴー。作家志望のジョー・テイラー(ユアン・マクレガー)は、貨物船の雑役人として働いている。

ある日、彼は船上から女性の死体を船の所有者レズリー(ピーター・ミュラン)と発見する。レズリーは事件を報じる新聞に興奮気味だったが、その後船に同居していたジョーとその妻エラ(ティルダ・スウィントン)は肉体関係を持ってしまう。

死体で発見されたのはかつてジョーの作家活動を支えた恋人キャシー(エミリー・モーティマー)だった。彼女は河岸での逢瀬の後、事故により溺死したのだが、ジョーは殺人の嫌疑をかけられるのを恐れ、彼女の持ち物を川に捨て、その場を立ち去ったのだ。

キャシーの死を殺人と見なした警察は、彼女の愛人であった配管工の男を逮捕し、それにジョーは動揺する。一方、ジョーとエラの不倫を知ったレズリーは船を去り、エラはジョーと一緒になることを希望するが、未亡人の妹とも関係を持ったことを知ると、去った夫の元へ戻る。

船から降りたジョーは、街のパブで知り合った男の家に間借りしつつ、事件の裁判を見守る。ここでも留守の間、男の妻と関係を持つ。

裁判所の受付に殺人事件は事故だったと書いた手紙を託すが、嫌疑をかけられた配管工の男に死刑判決が下されたのを傍聴席で見届けると、ジョーは借りていた部屋を出て、あてのない旅に出る。


レビューをアップしています。

過去の出来事が所々に挿入されるので、最初の事件の詳細(死体の女性はジョーの恋人だった)が次第に分かってきます。

直ぐにジョーが救援を呼んで恋人を助けていれば、人生が変わって来たかというと...やっぱりその後もうまくいかない気がします。作家にも労働者にもなれず、結局墜ちてゆくしかないか。

ノアール映画にふさわしい深い青みを帯びた色彩と、デイヴィッド・バーンの音楽が静かに心地よく印象に残る映画でした。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございますo(^-^)o 蜘蛛女に続く、ノアール洋画の紹介でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト