秘密の窓、秘密の庭

昨日TVで放映された映画「シークレット・ウィンドウ」。


私は二度目の鑑賞でしたが、ストーリーが分かっていたので途中から見ました。


「つまらない、ジョニー・デップの魅力でようやく見られた」等批判レビュー意見多し。


そんなジョニデファンやミステリー映画ファン諸氏に、スティーヴン・キングの原作を読むことをお薦めします。(既読でしたらOK!)「ランゴリアーズ」に収録されています。


原作では主人公は実は多重人格ではなく(そうとも言えますが)、(控えめな形ですが)霊の存在をにおわせています。

シューターが自作原稿を盗作したと言って来た抗議の訳や、妻との離婚についても原作を読むと詳しく書かれていて映画より理解できます。

ラストは(ネタバレですが)妻を襲う主人公が来訪した保険会社の男性に撃たれて死にます。後日妻が外のごみ箱に捨てた黒いシューターの帽子(捨てたのにまたひっくり返っていた、署名つきで!)に気が付くのがすごく怖い。


原作は文章が非常に映像的なのです。

怖さも映画より数倍増しています



映画ではペットは犬ですが、原作だと猫なのも彼が非常に愛情を傾けている存在なのが感じられます。猫については決して詳しく書いているわけではないですが。

自分も猫好きなだけに無惨に殺されてしまったときは泣けてきました


可能であれば、原作通りのストーリーでの再映画化を望みます
(主演はJ.デップが最高ですが、演じられる俳優であれば他でもOK)



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございますo(^.^)o〜 好きなときに覗いていただけると嬉しいです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト