モコナに導かれてXXXHOLiCへ



漫画制作集団CLAMPの作品を観る(or読む)きっかけは、その作品に登場する摩訶不思議な生き物モコナのマスコットでした。

これは、約十数年前に偶然知り合い親しくなった映像制作のひとがバッグに付けて持っていたものでした。当時全く知らなかったコアな邦画を紹介してもらったり、あらゆる映像作品・映像情報へ入門するきっかけを作って頂きました(いまはどうしているのか全く消息不明です)。今思い出すと「xxxHOLiC」のキャラクター商品が出る以前だからおそらく「魔法騎士レイアース」の頃でしたね。


「xxxHOLiC」を知ったのは「東京BABYLON」、「X」を読んだ後で数年前です。初めてアニメをTVで見て以来とり憑かれましたがDVDはすべて貸し出し中で先日ようやく「劇場版 XXXHOLiC 真夏ノ夜ノ夢」を借りることが叶いました。


願いを叶える代わりに対価をもらう館の女主人、壱原侑子の「ミセ」に、鍵は持っているのに自分の家に入れないという女性が訪れる。古い洋館で開かれる謎めいたコレクターオークションの招待状を手に侑子の元で働く四月一日(ワタヌキ)やその友人百目鬼(ドウメキ)も同行する。

四月一日が迷って館内を巡る様子は、(殆どやったことはないですが)ホラー系のゲームソフトを操作しているような感覚に陥ります。トイレに行くだけなのに通路が狭くなったり、突如周囲の建物が激変する等悪夢にこんな場面があったかもしれないと感じさせるリアルさに満ちています。夜空の星が星座になっている場面は寝苦しい夢がそのまま映像になったようでした。ストーリーはありがちなオカルトでしたが映画「イノセンス」のプロダクションI.Gの描く背景の凝った内容に満足しました。


後に放映されたTV版「ホリック(継)」等と比較すると、アニメーション製作に要する技術の差がありどうしても平板な印象が否めません。公開当時「ツバサ・クロニクル鳥カゴの姫」と2本立て上映であったそうなので時間を短縮する必要があったのかもしれませんね。

侑子たちを惑わす洋館の精霊と主の関わりは消化不良気味だし、次の依頼人がモコナのスクリーン(?)現れる最後の部分は蛇足ではないか。ラストの場面は少々興ざめでした


「xxxHOLiC」の(もしあれば)次回長編映画、最近のTV版を超える作品を渇望しています。気長に期待しています



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます(^ー^)お蔭でブログ続けて行く気になれます




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト