トリコロールに燃えて


Amazon

SNS内のコミュニティでもあまり知られていなくて紹介した映画です。


戦争映画なのに官能的でラブシーン多し。
リアルタイムでは観なかったのですが、現在個人的にど真ん中ヒット作品です(^^)v

シャーリーズ・セロンやペネロペ・クルスが好きな方は必見。


個人的にスチュアート・タウンゼントは可もなく不可もなくというところ。
本来はジェイ・ロダンという南アフリカ共和国の俳優が出演予定だったそうです。


広大なイギリス庭園や屋敷、パリのアパルトマンの風景もポートレートのようで美しく記憶に残ります。


三人がひたむきに愛し合い精一杯生きた軌跡を見た後もいつまでも辿っていたい映画です。


トリコロールに燃えて(HEAD IN THE CLOUDS)解説サイト




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング
いつも応援ありがとうございます(^▽^)V 励みになります


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト