アシモフ映画監督決定

SF作家I.アシモフ原作の映画「永遠の終わり」の監督がケヴィン・マクドナルドに決定しました。主演はラッセル・クロウ。

「永遠の終わり」

私は知らなかったのですが、映画化は昨年決定したそうです。


1955年に出版されたタイムトラベルを題材にしたラブストーリーで、人類は支配層“エタニティ”により管理されているという設定。 “エタニティ”に属する者は時間を操り、災害を防いだり不必要な者を排除するといった形で歴史を塗り変えることができる。ところが、主人公はおきてを破り別の時代の女性と恋に落ちてしまう。

 
「永遠の終わり」は書評を読んで概略のみの理解でまだ未読ですが、「The End of Eternity」のタイトルを聞くだけでなぜか総毛だってわくわくしますo(^ー^)o
(エタニティと同名の香水もありますね♪)

出版から53年も経ってようやく映画化が実現したのは実に喜ばしいことです。


先日亡くなったJ.G.バラードの作品「Vermillion Sands」も実写アニメ共に映画化希望ですが、同じくSF作家の巨頭アシモフの「永遠の終わり」もついにスクリーンで観れるというのは何よりの楽しみです。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます(^▽^)♪励みになります





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト