トールマン



トールマン(2012)
THE TALL MAN
THE SECRET [仏]
メディア 映画
上映時間 106分
製作国 アメリカ/カナダ/フランス
公開情報 劇場公開(キングレコード)
初公開年月 2012/11/03
ジャンル サスペンス

【クレジット】
監督: パスカル・ロジェ
製作: ジーン=チャールズ・レヴィ
ケヴィン・デウォルト
クレマン・ミゼレ
スコット・ケネディ
脚本: パスカル・ロジェ
撮影: カマル・ダーカウイ
プロダクションデ
ザイン: ジャン・キャリエール
衣装デザイン: アンガス・ストラティー
編集: セバスティアン・プランジェール
音楽: トッド・ブライアントン

出演: ジェシカ・ビール ジュリア
ジョデル・フェルランド ジェニー
スティーヴン・マクハティ ドッド
ウィリアム・B・デイヴィス
ジェイコブ・デイヴィーズ
サマンサ・フェリス
コリーン・ウィーラー
ガーウィン・サンフォード
ジャネット・ライト
イヴ・ハーロウ
ジョン・マン
ティーチ・グラント
フェルネ・ダウニー

【解説】
 「マーターズ」でホラー・ファンの注目を集めたフランスの新鋭パスカル・ロジェ監督が、「テキサス・チェーンソー」「トータル・リコール」のジェシカ・ビールを主演に迎えて贈るサスペンス・ミステリー。謎の幼児失踪事件が続発する寂れた寒村を舞台に、愛する我が子を取り戻すため奔走するヒロインが辿り着く驚愕の真相をスリリングに描く。共演に「ローズ・イン・タイドランド」のジョデル・フェルランド、「ウォッチメン」のスティーヴン・マクハティ。
 ワシントン州の炭鉱町コールド・ロック。かつては賑わいを見せたこの町も、鉱山の閉鎖によって今やすっかり寂れてしまっていた。そこへきて今度は、幼い子どもばかりが忽然と姿を消す不可解な事件が立て続けに発生する。目撃者の証言などから、フードを被った背の高い男“トールマン”の仕業との噂が広まる。そんな中、町の小さな診療所で働く看護師ジュリアの最愛の息子が何者かに連れ去られてしまう。必死に行方を追い、町外れのダイナーに辿り着いたジュリア。しかしそこで彼女が目にしたものは、あまりにも不可解な住民の態度だった。

(以上、allcinemaより)

只今渋谷シアターNで、絶賛上映中。


今回、絶対の客人さんのYahoo!映画レビューを、参考にさせていただきました。


ホラー作品だと、ことさら映像美を強調しては違和感のある感想になるかもしれません。
しかし、カメラワークといい、渇いた心に染み入る要素が映像から溢れて来て、次々と緊迫する展開に恐れおののきながらも、深い美術に感動する体験を提供してくれた映画でした。
炭鉱の町の背景そのものは、作家D・クーンツの「ストレンジ・ハイウェイズ」を思い起こさせ、そこに誘拐・殺人が加わると凡庸で平板な内容になるところ、これが初見のロジェ監督、他の追随を許さぬ見事な逸品に仕上げています。

タイトルの『トールマン』に言及している意見にたいしては、この言葉自体、神話あるいは怖い童話から抜け出た怪物の印象が強く、後世へ受け継ぐ価値が高いと思います。幾ら神秘的な語句や諺等、考え抜かれた題名でも、名前負けする作品より良いのではないでしょうか。

瀕死のジュリアが辿り着いたダイナーの女主人や保安官、町の住民の素性、生前の夫の役割、一回観ただけでは謎が解き明かされない部分があまりに多く、再度劇場かDVDで確認してみたいですね。

この映画を観る前、母の知人の家族(子沢山)について、家で母とちょっとした口論があって、鑑賞後、非常にそれが重く心にのしかかって来た感があります。
その家庭には事情があって片親のちがう子供が何人かいるのですが、児童養護施設や里親へ預ける方向では教育の機会は増えるにしても、養育の基本は実の親でしょう。
偶然、私が生まれる時取り上げてもらった医師が養子縁組制度の先駆者たる人なのですが、女性医師ジュリアの役割もサスペンスホラーから社会問題を主題とした映画として捉えるとどうなのか、興味は尽きない想いです。

IMDb

パスカル・ロジェ監督インタビュー ニコ動

Nifty 『トールマン』パスカル・ロジェ監督、「ハリウッドの洗脳から抜けなきゃダメ」と日本に警告




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
今年12月2日で本作品を含めクロージング上映中の渋谷シアターNが閉館になります。ここでしか上映されないマニアックな映画の行く場がなくなりそうで、常に不安にかられます。渋谷まで行ける方、いずれも楽しめる上映作品なので、是非12/2(日)閉館までの鑑賞をお薦めします。
アクセスマップ 
駅から遠いビルでもよいので、いつか同館が再開される夢を…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初コメ感謝です

『マーターズ』は未見なんですよ、『トールマン』観てからロジェ監督の過去作品に接すると断然違うでしょうね。

シアターNの元館である、旧ユーロスペースは何度か足を運びました。できるならNも円山町近辺に移転して欲しいところです。

初コメすみません

トンデモホラーだった『マーターズ』(絶賛)のパスカル・ロジェ監督の最新作がサスペンス・ミステリーとは良いヒネリ具合ですよね。
是非とも観たい作品です。

が、シアターNが閉館…
観やすいとは決して言えない劇場ですが、ふざけた単館系ホラーも上映してくれる数少ない良質なシアターでした。
『マーターズ』も観に行ったなぁ…非常に残念です。
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト