Zoetrope【blanc】



ゾエトロープ blanc (BOOK PLUS) [単行本]
フランシス・フォード コッポラ (著), アドリエンヌ ブロデュール (編集), サマンサ シュニー (編集), Francis Ford Coppola (原著), 小原 亜美 (翻訳)

出版社: 角川書店 (2003/12)
発売日: 2003/12

映画監督フランシス・フォード・コッポラの米文芸誌「ゾエトロープ・オールストーリー」の邦訳短編集の第4弾。

この【blanc】において、第1段の【biz】よりも短いものの、監督による序文が掲載されているのが何よりも嬉しいです。
またその中で短編の重要性を、監督から作家に伝えていることも。

また本作と同様の質の高い文芸誌やアンソロジーが国内外で数多く出版されるように願っています。


これまでの短編集のように、印象に残った作品を幾つか挙げます。
読書の上での参考になれば、幸いです。

○オガララ Ogallala/リック・バス Rick Bass 作

短編より少し長めの作品。
両親と、その手塩にかけた畜牛と牧草地を、勉学のために離れた青年。
現在はオレゴンで製材組合の業務に就いている。
青年に代わり不法滞在の少年が、青年の老いた父親を支えて牧畜を引き継いで行く。
彼らが抱える牧場への複雑な想いと、彼方へ去りゆく貴重なオガララ帯水層の盛衰が、手元まで伝わるような小説。

日本の一般的な牧畜から想像される、広大な牧草地で牛がのんびりと草を食むイメージとはかけ離れた、米国ならではの様々な苦労をしのばせる個所がありました。


○'O Λoγos('O Logos)/T.E.ホルト

奇妙な痣のような印をつけた少女が病院に運ばれてきた
母親いわく、少女は新聞で遊んでいたという。
少女は三日後にその身体に綴られた言葉を発すると、死亡した。
その症状は次第に周囲に拡張されてゆく。
言葉が触媒となって病気を誘発する、たとえようのない恐怖を表した作品。

何度も読み込まないと理解できない話でした。
聖書の創世記にある、『はじめに言葉ありき』を連想させます。
本当にこのような病気が現実になったら、防ぎようがないですね。


○垣根の穴居人 The Cavemen in the Hedges/ステイシー・リヒター Stacey Richter

奇想天外な物語なのに、何度も読める作品でした。
突然現れた穴居人は、ネアンデルタール人に近似のルックス。しかもバービー人形や、可愛いプラスティック製品大好き。ここがツボに入りました。
若い頃パンクロッカーであった、30代のカップルが穴居人騒動に巻き込まれます。
穴居人のお陰で、主人公の彼は彼女の素晴らしさに気付くが、すでに遅し。
本作は、SFながらストーリーのわかりやすさで、【blanc】の中でも、最も集客が望める映画になりやすい作品でしょう。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票<br />ボタン
ありがとうございます。
ゾエトロープ短編集は、並べてみると、最も【biz】が構成や内容もいいですね。
ネット評だと、最近の二冊【noir】と【blanc】が人気あるようです。
コッポラ監督程の企画力でないと、おそらくこのレベルまで出せなかったでしょう。
邦人監督でもひとつ、洒落た作品群を望みたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト