万華鏡/レイ・ブラッドベリ



アマゾンはこちら

SF・ファンタジーの大家レイ・ブラッドベリの短編集です。

初版を何度目かの引越しで紛失してしまい、ようやく都内の古書店から相当年季の入った初版を再度入手。
先日、何度めかの読了しました。

詳しい内容は上記リンクを参照願います。

ブラッドベリはまだ代表作はじめ未読作品が多数残ってますが、それらを読破してなお本短編集が記憶に刻まれていることと確信します。


本書で心に残るベスト3編をご紹介。
(残りの短編も名作揃いなので、また別な機会に書きます。)


すばらしき白服

是非老練な映画監督にコメディで撮って欲しい短編。

サイズの合う、さえない男達を集めて、なけなしのお金を出し合い念願の白い夏のスーツを買う。

順番に着ることにしたが、最後の男が行く先で騒動を起こしてしまう。
てっきり男も服もダメになると思いきや、皆の力でスーツ(と男もケガするが)は無事に戻る。

ラテン男達のラフで小気味良い言葉のやりとりから感じられる友情から、
爽やかで心地よい後味が残りました。


刺青の男

ホラー作家より、真性の恐怖味わえる名作。

カーニバルのテント張り職人が、刺青職人のまじない老婆に”ほんものの”刺青をいれてもらう。
老婆から公開を後にするよう止められた部分の絆創膏をはがすと、妻を殺す絵が現れ、妻を傷つけてしまうが、お蔭でサーカスは大繁盛する。

カーニバルの芸人達に殺された男の死後、なにもなかった部分の刺青が変化し...

最後がまじりけなしの恐怖。



万華鏡

表題作。

ロケット事故で遭難した宇宙飛行士が、互いに宇宙空間をちりぢりに離れてゆく間の会話。


S.キングの中編の一部にも、様々な色彩の流星群と運命を共にする仲間の会話に似た内容がありました。覚えていませんがSF映画でも同様のシーンがあるかもしれません。

最後に残った飛行士が、流れ星となって地球に落ちてゆく描写に涙した人は多いでしょう。

永久に記憶の図書館に残る一作。





ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

新刊が数多く発行される昨今、上記のような絶版の古書も再版されてほしいところです。復刊サイトで希望する書籍に投票してますが、以前に書いたJ.G.バラードの絶版もまだのようです。


レイ・ブラッドベリ氏が米国時間6/6に逝去されました。
ご冥福をお祈りいたします。
wikipedia


『刺青の男/ハヤカワ文庫』
新刊で『万華鏡』が入っているのは、こちら↑

中古では、『万華鏡/サンリオSF文庫』です。「日本の古本屋」サイトにもあり。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト