映画館大賞

全国の独立系映画館スタッフが選ぶ映画賞「映画館大賞」が決定しました。
http://pia-eigaseikatsu.jp/news/24703/39405/

北海道から沖縄まで全国150館の独立系映画館スタッフが「映画ファンにスクリーンで見てほしい作品」を投票して選ぶ賞。
2008 年12月から2009年11月までに国内で封切られた作品を対象としています。

【映画館大賞2010】

1位『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド監督)
2位『ディア・ドクター』(西川美和監督)
3位『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』(ケニー・オルテガ監督)
4位『愛のむきだし』(園子温監督)
5位『劔岳 点の記』(木村大作監督)
6位『サマーウォーズ』(細田守監督)
7位『母なる証明』(ポン・ジュノ監督)
8位『スラムドッグ$ミリオネア』(ダニー・ボイル監督)
9位『イングロリアス・バスターズ』(クエンティン・タランティーノ監督)
10位『沈まぬ太陽』(若松節朗監督)
11位『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(庵野秀明監督)
12位『空気人形』(是枝裕和監督)
13位『南極料理人』(沖田修一監督)
14位『チェンジリング』(クリント・イーストウッド監督)
15位『レッドクリフ PARTII ―未来への最終決戦―』(ジョン・ウー監督)
16位『レスラー』(ダーレン・アロノフスキー監督)
17位『ウルトラミラクルストーリー』(横浜聡子監督)
18位『ROOKIES ―卒業―』(平川雄一朗監督)
19位『チェイサー』(ナ・ホンジン監督)
20位『マンマ・ミーア!』(フィリダ・ロイド監督)

【特別部門「あの人の1本」】

阪本順治監督 『ポチの告白』(高橋玄監督)
中谷美紀 『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』(サーシャ・ガバシ監督)
竹中直人 『永遠のこどもたち』(J.A.バヨナ監督)

【特別部門「蘇る名画」】

『かも』ニュープリント(1965年、関川秀雄監督)
シネマヴェーラ渋谷「緑魔子伝説」より


中谷美紀さんが『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』(サーシャ・ガバシ監督)を選ばれたのが非常に嬉しいです。私も大好きな作品です。

このラインナップから、いわゆるシネコン上位の映画とは異なり、さすが日頃様々な映画を見慣れている映画スタッフの方々が選んだ作品だなぁーと感じますね。既鑑賞作品も何作か入選していました。


4月17日(土)から24日(土)まで、東京・シネマヴェーラ渋谷で『グラン・トリノ』など受賞作品を連続上映、各日ゲストによるトークショーが開催されます。


『ディア・ドクター』西川美和監督と主演の笑福亭鶴瓶さん、『愛のむきだし』主演の西島隆弘さんより映画館大賞へのコメントが掲載されました。






ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます。年一回とは言わず、映画館大賞は半年ごとでも実施して欲しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト