キャメロン監督、原爆体験記出版中止に正式抗議

Movie Walkerより
http://news.walkerplus.com/2010/0304/13/

ジェームズ・キャメロン監督が、映画化を決めていたチャーリー・ペレグリーノ著作の広島・長崎の原爆体験記「The Last Train from Hiroshima」の出版停止の決定に対し、AP通信に抗議メールを送ったとYahoo.comが報じている。

コトの発端は1日、同著書の出版社ホルト・ヘンリー社が、同著作の発売停止を表明したこと。かねてから、同著作は信ぴょう性を指摘されており、ペルグリーノが謝罪とともに一部の修正を約束していた。にもかかわらず、「AP通信社が投げかけた、文中に登場する2人の人物が実在したかどうかなどの問いに、ペレグリーノが答えられないため」というのが理由だった。

(以下略)


文中の2人の名前が答えられないという些末な事柄をあげつらって、原爆体験記の内容が完全なフィクションであるとは、退役軍人こそ己の偏見に囚われ歴史の真実を見つめる意識が甚だしく欠けていますね。

この映画化は、原爆を特集したNHKドキュメンタリー番組の中で聞いた覚えがあります。
チャーリー・ペレグリーノ著「The Last Train from Hiroshima」の出版中止が阻止され、映画化を実現してほしいと強く望みます。

また例え出版が中止になっても、独自脚本による映画化の可能性があればよいのですが。

出版社及びキャメロン監督、退役軍人組織などに負けずに頑張ってください。


☆3/5に上記ニュースに関した内容をTBSラジオの番組『小島慶子キラキラ』の中のサウンド・パティスリーで町山智浩さんが話されていました。こちらはポッドキャスト配信でも聞けます。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます。この記事では3Dかどうか不明ですが原爆が映画化されれば、歴史に残る映画になると思うので、キャメロン監督にはどこまでも意思を貫いて頂きたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト