スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしと関西との関わり 追記あり

最近、幾つか関西方面よりアクセスを頂きました。

何名かは既知の方と思いますが、時系列に沿って、関わりのある地名や観光スポットをご紹介します。


○二十代の頃、大阪の音楽ファンの方々との交流。

私も何度か関西へ行きましたが、あちらの友達が上京してくれる時が多かったですね( ^ω^ )

音楽ライヴ、イベントは、大阪心斎橋、神戸。
OSAKA MUSE
チキンジョージ


観光は大阪や京都、神戸へ。
大阪駅・梅田の観光スポット るるぶ.com
【京都 観光 おすすめ】人気 定番 穴場の観光スポット 祇園~八坂神社~建仁寺
神戸異人館街



○三十代では、郷里が大阪南部の人(友人も含む)との交際。
御蔭で富田林の花火を見られたり、ちょっとした私鉄電車の旅、奈良の葛城山の寺社へも参拝しました。
【富田林市観光協会】 とんだばやしナビ
近鉄電車の旅 春夏
南海高野線 路線図





○四十代以降、現在まで。

最近まであまり関西とは縁無しでしたが、最近あるお店で勤務されていた知り合いの方が京都や奈良周辺へ移られたので、
興味・関心が一気にそちらへ向かい、検索の機会も増えました^^♪
あばうと京都|京都の観光・名所・生活などなど京都を完全攻略


とまあ、ざっくりした履歴になります(^∇^)ノ


では、関西に限らず、国内、海外の方々、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m


追記:
母方の祖母が昔各宗教に信仰熱心で、大阪のPLや奈良の天理教を特に信心してました(現在鬼籍)。
それも相まって、誰か親戚がいる土地のように大阪~奈良には感じます。
現在特に何教徒ではないですが、老後はお伊勢さんかその付近で定住する妄想、只今捗ってます♪




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

その時々の関心に応じて、歴史上の人物に逢ったりする夢を見ることがあります。
当時その印象を書いたブログ記事↓
竹から光悦、そして次世への繋がり
現在も、この周辺に(限らず京都方面へ)住みたいと願い、住宅サイトで探すのですが、中々良い賃貸物件は高いですね^^;
京都住まいは見果てぬ夢になりそうです。


追記:
ネットの中古市場で京都、奈良に関する書籍を購入しました。

旅行ガイド 京都 旅行ガイド 奈良

旅行ガイド 京都 Amazon  旅行ガイド 奈良 Amazon

初版が十数年前ですが、その後京都は同著者の新版が出ているようです。

旅行ガイドといっても、街歩きを楽しむ人向けではなく、主に若年層の歴史学習者にとって便利な内容になってますね^^b
教科書っぽい少々堅い記述の所もまた本書の魅力になってます。
近いうち京都奈良方面の寺社巡りの友に、大いに活用したいと思ってます。


スポンサーサイト

アルプス

今回も、メゾンエルメス(ル・ステュディオ)での鑑賞です。
http://www.maisonhermes.jp/ginza/

『アルプス』
2011年ドイツ制作
アルミン・リンケ監督

来月ともに、自然をテーマにした作品が選ばれています。
が、予想とはうらはらに内容は厳しかった。

何かの製造工程、列車の進行等、平和裏に同じサイクルが続く画面では、
別に疲れてないのにうっかり舟を漕いでしまいました><;
(周囲では同様の方もいらしたようですが…)
とはいえ、映像の構成は牧歌的とは言えなかったです。

しかし、途中違反者(?)の拘束、山岳列車敷設への反対運動等、眠気も吹っ飛ぶスリリングな展開もあり、
緩急を備えた、誠にドキュメンタリーに相応しい作品でした。

様々な国で撮影されたのですが、圧巻はドバイの人工スキー場。
ラストのエンドロールの助けがなければ、これも何だかよく理解できなかったかもしれません。
~の一部構造物、それも人工物で山岳をイメージさせる流れも、観て全然快くなくても妙に印象に残りました。


アルミン・リンケ監督の写真集が、アート系通販店にありました。
【プリント付】アルミン・リンケ写真集 : ARMIN LINKE : INSIDE/OUTSIDE
かなり高額ですが、手元でじっくり鑑賞してみたい本です。
これを繋いで映像化することで、今回観た『アルプス』に近い構成になりそうなのは納得できますね。
最近ドキュメント写真の展覧会もご無沙汰ですが、その類に見慣れるとごく自然な作品になるのかもしれません。





ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

頂いたパンフレットによると、
『アルプス』は学術研究であり、芸術作品であり、観客にとってひとつの経験となる。
とあります。
もし教師が授業で採用するなら、おそらく高校3年位からだと思いますが、
冗長な説明や文字に寄らず事物や現象を理解させる学習の一環としても、十分使えそうな感じがしました。


☆奈良よりアクセス、有難うございます(^-^)/
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。