大地と空と海の短編を銀座で

久々に、メゾンエルメスでの鑑賞。
今回は、短編映画5作品でした。

作品紹介のURL
http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/

順に、
『大熊座号の乗客』
ポール・グリモー

『大西洋横断』
ジャン=フランソワ・ラギオニ

『渡り鳥の珍道中』
ユーリ・チェレンコフ

『マダガスカルの旅日記』
バスティアン・デュボア

『トランス・ムンディア・エクスプレス』
アンヌ=ソフィー・デルセリ

全作品、フランス制作です。

最後の列車をテーマにした作品、パンフレットに書かれた紹介文の中、ウェス・アンダーソンに影響を与えたとあり納得。
以前、内容が今回の短編に通じる『ダージリン急行』の感想を投稿したので参照頂けたら幸いです。
よく悪夢の中で、マネキンが出てきたりする不気味さを本作の視聴後に比較したりしますが、ただ動作が凝っているだけで、作家にとってはリアルな人間なのかもしれません。

大入りの観客は有名ブティック内の小劇場らしく、30~50代位の女性が多かったので、おそらく『大西洋横断』が大方の印象に残ったのではと想像します。私も最初と最後の作品が次候補としたら、最も感銘を与えた短編になるでしょう。
仮に絵柄がリアル(あるいはアスリート的な物語)ならば、ここまで深く脳裏に残らなかったと思います。
船でなくても誰かと長旅を共にしたい気分になる作品です。

最初の『大熊座号~』のロボット、例えば日本の鉄腕アトムやディズニーより表情や動作の機敏に欠ける所はありますが、非常にフランス的というか、古くても現代に通用する洗練された映画だなぁと魅入りました。主演の犬と少年はお洒落なディズニーそのものですが。

実写で構成された最後の作品を除き、いずれも絵本の挿絵を想わせる浪漫に満ちた映像です。




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

上記のポール・グリモーはDVD短編傑作集がAmazonに2種類出ています。
興味を持った方は是非購入鑑賞をお薦めします。
『大熊座号の乗客』が入っているのは、全10編の方(他は5編)ですがちょっと頑張って楽しんでみては。

511BAC51DAL.jpg
Amazon

スポンサーサイト

グロテスク

41Zphw4gTvL.jpg
Amazon

今回は、ヤフオクで購入。
未使用なので市販と同質かと思うが、かなり映像に不満。
もう少しクリアな画質なら…ひょっとしてそのような編集か?

作品情報は、allcinemaより。
【クレジット】
監督: ジョン=ポール・デヴィッドソン
製作: トルーディ・スタイラー
原作: パトリック・マグラア
脚本: パトリック・マグラア
撮影: アンドリュー・ダン
編集: トレイシー・ワドモア=スミス
音楽: アン・ダッドリー

出演: スティング
トルーディ・スタイラー
テレサ・ラッセル
レナ・ヘディ
スティーヴン・マッキントッシュ
アラン・ベイツ

解説とストーリーは、映画.comから(抜粋)。

解説
没落貴族の家庭にやってきた怪しい執事が引き起こす騒動をブラック・ユーモアあふれるタッチで描いたミステリー。主演は英国を代表するロック・ミュージシャンで、『ブリムストン&トリークル』(V)、「砂の惑星」など俳優としても活躍するスティング。監督は『Boys from Brazil』(92)などドキュメンタリー畑出身のジョン・ポール・デイヴィッドソンで、本作が初の長編劇映画。製作はスティング夫人で、『Boys from Brazil』で監督と組み、「愛と野望のナイル」なども手掛けたトゥールディ・スタイラーで、作品中でもスティングの妻役を演じている。

ストーリー
1949年。英国の片田舎。没落貴族のコール家は、ハーバートなるカエルも棲まうゴシック調の陰気な屋敷。主人のヒューゴ・コール卿(アラン・ベイツ)は古生物学者で恐竜研究に没頭する毎日。妻のハリエット(テレサ・ラッセル)はアメリカ人で、そんな夫に欲求不満が爆発寸前。娘クレオ(レナ・ヘディー)は親が猛反対する詩人シドニーと熱愛中。そんな館に新しい執事フレッジ(スティング)とその妻ドリス(トゥールーディ・スタイラー)が着任。エレガントだがどこか不気味なフレッジ。やがて彼は一家全員を篭絡していく。

詳細な情報(英文)は、imdbを参照。

感想:
スティングの魅力全開!と期待して見たところ、不完全燃焼。
色物になってしまうけど、スティング夫妻のSM場面が多かったり、ヴァンパイア等不死人への変身も入っていればかなり満足したかも。脇役の出演者も演技中途で終わってしまう感じ。

博物趣味で偏屈頑固爺振りが勝っていた館の当主も、友人を娘の婚約者殺しの犯人にされ、廃人となる不運な最期に同情。
(例えば草原での一斉捜索のような)映像美に相当する場面でも、雰囲気を十分作品構成に活かしてない気がしました。

英国ゴシック、ホラー、サスペンスいずれも半端な出来が残念。スティングの妻であり共演のトルーディー・スタイラー氏は以前劇場鑑賞した『月に囚われた男』で製作を担当。
今後の共演作としては、R18~に相当する成人向けサスペンス問題作、あるいは未映画化のカルトSFでも期待したいところです。

これでは不満が募るばかりなので、せっかくのDVDをもう少し回数を重ねて見ようと思います。




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

スティングはテリー・ギリアム監督『バロン』にも出演しています。
デヴィッド・リンチ監督の『デューン/砂の惑星』共、カルト映画好きの蒐集棚に加えてもらえれば光栄の限り。
必ずしも両者面白いとは限りませんが…出来ればスティング本人にも荒唐無稽なシナリオを書いて欲しい所です。

劇場までの足は遠い

暑中お見舞い申し上げます。
(暑中見舞いを出せるのは8月7日頃までだそうです。残暑見舞いは8月8日~)
毎日熱中症になりそうな按配ですが、まあ食い気だけはあるので^^; 3食と冷たい物で何とかしのげています。

中々劇場への足も遠のいてしまう現状で(近場では観たい映画無し)、もう少し鑑賞日記へは時間がかかりそうなのでお待ちくださいませ★ (せめて1hくらいで銀座へ到達できれば…新宿でもいいんですが。
汗皆無の爽やかなトムクルによるレッドカーペット見たかったですね~ (質量保存の法則なのか、彼の分汗っかきになってます 滝汗)

では皆様、大事無くお過ごしになられますように…

あと数日で何度か(例 38→33℃位か)涼しくなりそうです。


※70~80年代の洋楽好きな人、丸の内ピカデリーにてロック映画上映中です。
シネ・ロック・フェスティバル 2015』8/8~のスケジュール&追加上映作品決定!!
7月25日(土)~8月21日(金) 丸の内ピカデリー
ポール・マッカートニー、ストーンズ、クイーン、エアロスミス、U2、TOTOといった、“ロックの殿堂入り”アーティストたちの超貴重映像ばかり全10本を一挙上映。
8月8日~追加作品、『シュガーマン 奇跡に愛された男』『スコーピオンズ フォーエヴァー・アンド・ア・デイ』『ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』

★『シュガーマン』は新宿にて鑑賞済みですが、再びスクリーンで出逢いたい名ドキュメンタリー映画です。



ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

上記のシネロックフェス入場料金、作品により上下しますが大体2000円で観られます。
映画の料金だと思うと高めですが、一瞬安いって感じるのはライヴと錯覚するからでしょうかね。
コンサートのPAに近い音の臨場感もあると嬉しいです。
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト