スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテイジョン

コンテイジョン
コンテイジョン [DVD]
マット・デイモン (出演), ジュード・ロウ (出演), スティーブン・ソダーバーグ (監督)
Amazon

作品情報(allcinemaより)

【クレジット】
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
製作: マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
グレゴリー・ジェイコブズ
製作総指揮: ジェフ・スコール
マイケル・ポレール
ジョナサン・キング
脚本: スコット・Z・バーンズ
撮影: ピーター・アンドリュース
プロダクションデ
ザイン: ハワード・カミングス
衣装デザイン: ルイーズ・フログリー
編集: スティーヴン・ミリオン
音楽: クリフ・マルティネス

出演: マリオン・コティヤール ドクター・レオノーラ・オランテス
マット・デイモン ミッチ・エムホフ
ローレンス・フィッシュバーン エリス・チーヴァー博士
ジュード・ロウ アラン・クラムウィディ
グウィネス・パルトロー ベス・エムホフ
ケイト・ウィンスレット ドクター・エリン・ミアーズ
ブライアン・クランストン ライル・ハガティ海軍少将
ジェニファー・イーリー ドクター・アリー・ヘクストール
サナ・レイサン オーブリー・チーヴァー
ジョシー・ホー
チョイ・ティンヤウ
モニーク・ガブリエラ・カーネン
ダリア・ストロコウス
ジョン・ホークス
アルミン・ローデ
ラリー・クラーク
アナ・ジャコービー=ヘロン
ディミトリ・マーティン
エリオット・グールド
エンリコ・コラントーニ
ジム・オルトリーブ
カーラ・ゼディカー
グレイス・レックス
チン・ハン

【解説】
 「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ローレンス・フィッシュバーン、マリオン・コティヤールをはじめとするオールスター・キャストで描く衝撃の感染パニック・サスペンス。未知の致死性ウイルスが猛烈な勢いで世界中に拡散していく中、各国関係当局の懸命の対策もむなしく、恐怖と混乱が人々を支配していくさまを、科学的な考証とシミュレーションをベースとした圧倒的なリアリズムによる緊迫感溢れるドキュメンタリー・タッチの筆致で描き出していく。
 ある日、香港の出張から帰国するや体調不良を訴えていた女性が、その2日後に突然はげしい痙攣を起こして意識不明に陥り、そのまま死亡してしまう。同じような事例が世界各地で相次ぎ、世界保健機関(WHO)が動き出す。さらには、アトランタの疾病予防管理センター(CDC)や各国の衛生当局も未知のウイルスの特定とワクチン開発に乗り出すとともに、感染者の隔離と感染ルートの解明に奔走していく。そんな中、いち早く伝染病の警鐘を鳴らしたフリー・ジャーナリスト、アランのブログには情報を求める人々が殺到してくるが…。


深夜TVの映画天国にて、視聴。

※このところ映画の劇場鑑賞がかなり不足気味ですが、しばしお待ちください。


他のユーザーコメントにあるように私もウィルスパニック映画の『アウトブレイク』を連想したが、比較してワクワク感が本作ではかなり抑え気味(事実を追うドキュメンタリーの様)なのが、良かったかもしれないです。

この作品では、演技巧者のマット・デイモンやジュード・ロウに興味を惹かれず仕舞いでした。
(役柄を上手く演じてないとか魅力に欠ける、という意味では全くないが、『マトリックス』出演のL・フィッシュバーンの存在が大きかった。)
ラストで分かる感染一日目の映像も、好きになれない。これは違う形で(例えば人物外の判じ物めいた数ショット、あるいは誰かの言葉のみ)理解できるようにならないか。

あと、ソダーバーグ監督の作品を纏めて観てみたいと思わせる箇所(饒舌にならない程度の壮大さ)が幾つかありました。

珍しくDVDを注文したいと思ったジャンル(サスペンス・パニック)なので、後で感想レビューを追加する予定です。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
オムニバス映画『愛の神、エロス』(「エロスの悪戯~ペンローズの悩み」)に感じた撮影法に似た手法を、(素人の勘違いかもしれませんが)今回も感じました。対して2000年公開の『エリン・ブロコビッチ』では話題性と昔に見たせいか、この監督らしさがあまり無かったような気がします。
自分の職業が映画監督ではないので理解力には欠けますが、一度撮影についてのレクチャーを聴講してみたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。