-less

たまに時間のある時、Gyaoで未見の映画やドラマを発掘するのは楽しいものです。
今回は、『-less』を鑑賞しました。

21EXNRDGMGL.jpg

Amazon

【クレジット】
監督: ジャン=バティスト・アンドレア
ファブリス・カネパ
製作: ジェームズ・ユット
ガブリエラ・ストーレンウェルク
製作総指揮: イヴ・シェヴァリエ
ジェームズ・ユット
脚本: ジャン=バティスト・アンドレア
ファブリス・カネパ
撮影: アレクサンダー・ブオーノ
音楽: グレッグ・ドゥ・ベル

出演: レイ・ワイズ
リン・シェイ
アレクサンドラ・ホールデン
ミック・ケイン
ビリー・アッシャー
アンバー・スミス

【解説】
 若手新鋭コンビ、ジャン=バティスト・アンドレアとファブリス・カネパのデビュー作にして、各地の映画祭で評判を呼んだサスペンス・ホラー。おばあちゃんの家で開かれる恒例のクリスマス・パーティに向かっていた一家が、近道のつもりで森を抜ける不慣れな道を選んだばかりに思いもよらぬ恐怖に晒される。
 クリスマス・イヴの夜。ハリントン一家は、毎年恒例のクリスマス・パーティに出席するため、おばあちゃんの家へと向かっていた。20年以上も同じ道を通ってきたフランクだったが、この日彼は、なんとも魅惑的な近道を発見し、ひとけのないその道に車を進めた。ところが、どうしたことか行けども行けども目的地にたどり着かず、道はどんどん暗く薄気味悪くなっていった。やがて一家は、赤ん坊を抱え道端にたたずむ白いドレスの女と遭遇する。それを境に、一家の不吉な予感はいよいよ現実のものとなっていく。

(作品情報、allcinemaより)

参考にさせていただいたレビューは、こちら。
Yahoo!映画レビュー(yadonisiさん)


ツイン・ピークスやデヴィッド・リンチ諸作品より未完成の部分があり、そこがまた荒削りで面白かったです。
影響を感じる部分は、病院で娘が目覚める直前、車中の家族を前方から撮った場面、目指す行き先の地名が医師の名前になっている事など。
使われていた小道具や悪役の選択によっては、例えばZombieものとかまた別なホラー作品になるのでしょうね。
ラストがもっと解明されないまま(事故現場のみ等)無残なエンディングになっていたら、さらに謎も深まるのかと思います。

この作品は、DVD購入して再びじっくり見てみたいです。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
上記の映画の父役のレイ・ワイズ、allcinemaのフィルモグラフィーによるとTVのゲスト出演が多いです。
ツイン・ピークスの他、見た覚えのある作品では24のシーズンVにも出ているんですね。
コメントではジョナサン・デミ監督に似ているそうですが、経歴を比較すると面白いかも。

スポンサーサイト

★謹賀新年★ と、多摩美大制作発表会資料について

皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


今朝、普段開けない袋(古い資料が入っている)を調べていたら、おそらく1998年~2002年頃の多摩美術大学の上映会らしき資料が見つかりました。

パンフとタイムテーブル表の写真です。
タイムテーブル

パンフ裏

パンフ表
タイムテーブル表

タイトルは、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科3年生「空間表現演習-Ⅱ」制作発表会
ガラクティックギャラクシー 11/12.13.19.20 多摩美術大学上野毛校舎
http://www.eien.k.tammabi.ac.jp/grgl

映像作品 泡(アブク)/ここのえジィョオト/hers/みちのくジャスティス/ロンパールムシシコ/南南西かっぺ/真っ昼間サンシャイン/かきむしりホイサ/それは とても個人的な事/ナチュラル・キラー細胞/アオゾラ行き/僕はもう大丈夫/アー ぷりおり

舞台作品 カラカラ/葵の上

展示作品 霧ヶ峰ホテル別館 おまめ/もっと、向こうにある/リバーランズスルーイット

ネットワーク作品 かなちんのはなし

シナリオ作品 静かな生活


ざっと、このような内容です。(制作者は略しました)
殆ど覚えていないのが残念ですが、当時二子玉川在住で大学の近所だったため、休日におそらく映像作品のいずれかを観にいったのでしょう(^^

もし、関係者その他でコピー希望の方は郵送しますので、お申し出になって頂ければ幸いです。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
最近は、芸術系大学・専門学校の発表会も情報過多な割には行ってないので、たまには足を運んでみたいですね。
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト