無花果の森/小池真理子



無花果の森 [単行本]
小池 真理子 (著)
単行本: 485ページ
出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/6/2)


題材が映画監督の妻の逃避行と日経ブッククラブの紹介にあったので、興味も手伝い一気に買ってしまいましたA^^;

でも、一回読んでしまったら、主人公の運命の鍵を握る塚本鉄冶の役割が分かってしまい、二度目の面白さが半減。
もう少し伏線を多くしたら、更にスリリングだったかも。
(それで話が複雑過ぎることはなかったでしょうから)

映画監督の妻だった泉も、どこか無駄に思い悩んでいる箇所も散見されます。
小説で表現される夫の性格や素行はとても口にだして言えないけど、ある特定の人物が浮かんで来ます。(作品の内容はまったくちがうけど)

ゲイバーのマスターのナビで泉と鉄冶が結ばれるラストは心穏やかになるシーンですが、せっかくの個性的な設定なのに月並みの恋愛小説になってしまった感が。厳しいけど登場人物が各々の道を歩む、ビターエンドの結末の方が読み手の成熟を促すかもしれません。



小池真理子さんの小説は、つい買ってしまう魅力に溢れていて、ピンキリはあるものの既読の作品が多いです。
無伴奏/集英社文庫
水の翼/新潮文庫






ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
『無花果の森』に出てくる場末のゲイバー、懐かしいと思いながら読みました。
かつて街に詳しい友人と足を運んだ店は新宿にあったのですが、場末ではないけど映画関係の来客が多く、「キネマ旬報」を初めて知った店でもあります。
しかも小説のマスターはデヴィッド・リンチのファンですから(作品は限定されるものの自分も好み)、店内BGMで流れる「ブルー・ベルベット」の妖しい雰囲気に浸って読み耽ってました。




スポンサーサイト

くノ一忍法帖 影の月 鑑賞記



くノ一忍法帖 影ノ月(2011)

メディア 映画
上映時間 84分
製作国 日本
初公開年月 2011/06/04
ジャンル アクション/エロティック/時代劇
映倫 R15+

【クレジット】
監督: 菱沼康介
製作: 重村博文
本田武市
プロデューサー: 木村尚司
企画: 田中勇
林哲次
原作: 山田風太郎
「忍者月影抄」角川書店刊
脚本: 中本博通
菱沼康介
林哲次
撮影: 百瀬修司
VFXスーパーバ
イザー: 磯金秀樹
照明: 太田博

出演: 阿部真里
西野翔
森下悠里
水谷ケイ
亜紗美
仁科貴
海東健
黒田アーサー

(以上、allcinemaより)

6/14銀座シネパトスにて鑑賞して来ました(写真上は館外ディスプレイ展示)。
くノ一忍法帖 影の月 衣装 シネパトス
こちらは映画に使用した衣装・俳優写真のロビー展示です。


自分のレビュー(Movie Walkerに記載したものを移植しました)

山田風太郎原作の映像化作品にはつきものですが、今回も原作を大幅改変してあるのが、大いに不満でした。中には、人気SF洋画から招来されたような忍びの御仁?もおられました(笑)
忍法も含めて独自のオリジナリティを重視する目的でしたら、全く匠のわざではないでしょうか。

山中の鰻屋あるいはくノ一同志の会話等で散見される、菱沼監督が得意とする青春シーン、そこだけがぽっかりと何か別な作品のごとくクローズ・アップされているようで、このままずっと物語を展開してもらいたいとさえ思いました。

忍者&忍法はかなり詰め込み多すぎの感が。
綿密な時代考証は置いといて、時代風伝奇現代劇として鑑賞したほうがよいと割切ったら、結構楽しめました。

近頃あまり時代劇に接してないと感じていましたが、意外や意外、作品名は失念したものの御馴染みの俳優陣が多かったですね。前宣伝に惑わされず、これからも独自のアンテナでキャッチした作品を鑑賞していきたいと思ってます。



何せ、この映画館行った方は分かるだろうけど呑み助天国が隣だから、
酔客が飛び込んでくるのではないかと心配(こちら女ひとり客でした)だったけど、
杞憂に終わってよかったホッ。


伝奇時代エロティックアクションそれに青春ストーリーも。
結構楽しめる面白い映画なので、是非。
エンドロールで、サーモン鮭山さんのお名前を発見。
(本編では、よく拝見できず残念)



キネマ旬報6月下旬号、日本映画NAVI(産経新聞出版)にも映画ガイド・映画評出てます。 (書店にて購入)



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いしますm(_)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング
ありがとうございます。

映画に鰻屋の場面が登場したので、一度池波正太郎を読んでみたくなりました。
TVドラマでは、『剣客商売』を好んで見てましたね。故藤田まことさんが懐かしいです。
台東区に記念文庫(真田太平記館は長野県上田市)があるので一度訪れてみるのもいいかなと思います。


(2011/08/05更新)
影の月 DVDレーベル


シネパトス銀座が来春(2013/03)閉館との報道。
日経新聞から
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2000R_Q2A720C1CC0000/
古き良き(匂いも懐かしい)映画館なのに、残念至極。

上記『くノ一忍法帖 影の月』上映時、映画監督の挨拶・トークは残念ながら無かったように記憶してますが、
自力での脳内映像再生、余裕ですd(^▽^)b♪
是非『銀座シネパトス』歴代の上映作品・監督に加えて頂ければ嬉しい限りです。




くノ一忍法帖 影ノ月(Blu-ray Disc)



coco映画レビュー くノ一忍法帖 影ノ月

imdbより
海外向けジャケ写、レトロ風で味わいがありますね^^b (2015/01/11)
kagenotsuki.jpg




『エクレール・お菓子放浪記』チャリティー試写会のフォトチャンネル

本日たまたま覗いたフォトチャンネルに、『エクレール・お菓子放浪記』試写会の写真がありました。

ch73893
『エクレール・お菓子放浪記』チャリティー試写会


もしかして、関東近県の親戚(郷里が石巻方面)も試写会やロードショーに行ってるかもしれません。そんな和やかな雰囲気が写真のあちこちに見受けられます。

本編はまだ未見なのですが、震災前の風景が撮影されているせいか、予告編では実に懐かしい部分が多いと感じます。今でもその映像のままの風景であったらというのは無理な願いですね。

先行上映予定であった岡田劇場が訪れる前に津波で壊滅してしまったのが、何より残念でなりません。以前撮影された映画のロケ地にもなった場所です。

goo映画 『エクレール・お菓子放浪記』特集
キャスト・映画関係者の方々の東北復興への取り組みに、ただ感謝するばかりです。


石巻(詳しくは三陸沿岸)は出生地&父母の郷里であり、幼少から小学生まで毎年夏休みをのんびり過ごした土地ですが、現在はその日生きるのが精一杯との話を親戚から聞きます。震災前以上の復興を遂げ、また訪れることができる故郷になるように、心から願っています。

作品・上映情報はこちら



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
この映画が撮影された地元の総ての人々にとって、映画が気軽に観られるようになるのはまだ先になりそうですが、各被災地でも有志による出張上映やトークイベントの機会が多いといいなと思います。メジャーな作品だけでなく、自主映画製作者の面々にもボランティア兼遠征上映をどうかよろしくお願いします。


プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト