スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺/三島由紀夫

金閣寺 (新潮文庫) [文庫]
三島 由紀夫 (著)


表紙の炎上絵、美しいながらもインパクトがありますね。
震災での火災を思い出す事もあり今回、文字リンクのみにしました。

三島由紀夫文学館HPから 作品紹介
炎がデザイン化された初版本の表紙が、私には親しみやすいように感じます。

本書を最初に読んだ記憶は、かなり以前のものでした。
放火犯の心理をテーマに据えた犯罪小説ではありますが、当時の対人的な悩みが読むことで幾分か救われた思いがしたものです。

最近、三島映画祭上映の告知から、書棚にあった『金閣寺』を読み返しています。
本書を映画化した『炎上』は、先日レンタルDVDを鑑賞しました。今回の上映では観られないかもしれません。

映画と比較して、映画は巨匠による大作ながらも書籍のほうがストーリーに陰影と深みのある印象です。地デジTV購入後の鑑賞でしたがモノクロなので、細部に見づらい部分が多々ありました。

主人公溝口の最期も、護送されて鉄道から飛び降りて死んでしまうところが、大いに不満だったり。若きスター市川雷蔵は、いくら吃音の設定でも生年らしい純粋さが際立つ申し分ないキャラクターでした。

親友の鶴川の台詞も、口調が上滑りして軽くなっていて残念でした。
大学の学友である柏木(映画では戸刈)は、原作通りのシニカルな性格や言葉の鋭さが表現されていたように思います。現在の仲代達矢と同一人物と思えず、若手俳優と代わらぬ秀逸な演技でした。
柏木の障害である内翻足の動きに関して、(本当に不謹慎ですが)どう演ずるか興味深々でしたが、全く本質に迫る巧みな動きのように感じました。

遊郭の女性を演ずる中村玉緒の若かりし姿、見られて予想外の幸運でした。(原作では玉緒さんより蓮っ葉で軽い印象です。)
物語に登場する女性は、当然ながら演じる女優によって左右されるので、
三島の表現する美に叶う人物を体現するのは、いくらベテランでも難しいのかもしれません。

映画での逮捕後の展開はどうも付け足しのようで、やはり、主人公には原作通り、しぶとく生き残っていて欲しかったです。溝口青年は自分にとって極限の美を燃やして父親からの束縛の元も解消する事で、俗に環ったところがあるのでしょうか。


三島映画祭は、角川シネマ有楽町にて6/3まで上映中です。
http://www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

本書のあとがきにある、「人と文学」「金閣寺について」「年譜」を今回珍しく熟読しています。購入年である十年前よりも作家個人に興味を持って来ているのかもしれません。三島由紀夫というと、どうしても美輪明宏さんのように華やかな交遊関係に想いが行ってしまいますが、父親が上級公務員で祖父も県知事・官庁長官であったと知ると、また別な見地からオーソドックスな三島像を眺める楽しみも味わえます。


スポンサーサイト

被災地での映画上映と募金活動

本日の朝日新聞朝刊文化欄にて、コミュニティシネマセンターについての記事が載っていました。

シネマ・エール東北「東北に映画を届けよう!プロジェクト」募金のお願い
http://jc3.jp/news/2011/04/post-14.html

地域に根ざした上映活動を継続的に行っている同センターでは、シネマ・エール東北として岩手・宮城・福島(原則)の被災地で無料映画上映会を開催するそうです。

第1期は、5月中旬〜7月中旬を予定。

子供向けと大人向け(東北での撮影を中心に検討)の内容を80回程度上映予定。
(その他、プロジェクト概要を参照)

本活動への募金先は、サイト内記載のゆうちょ銀行口座宛にお願い致します。

事務局・お問合せ : コミュニティシネマセンター 050-3535-1573


☆現在日々の生活に追われる被災地の方々が、この機会に気軽に映画を楽しめるようになると嬉しいです。
また、上映活動のボランティアを希望する方々も数多く参加できるように、願っています。

ワーズハウスへようこそ

俳優の児玉清さんが、16日お亡くなりになりました。

この番組に大学教授役でご出演されていたのですが、ミニ番組なのでつい放映日を忘れてしまい、拝見できた日が余りなく非常に残念です。

ワーズハウスへようこそ
http://www.ntv.co.jp/wordshouse/index.html

サイトで映像は見られないですが、バックナンバーでいままでの内容を楽しむことができます。

例えば、2009年10月3日放映の『暮れなずむ』。
だんだん〜してくる(時間の経過)等と共に用いることができないというのは、ここで初めて知りました。
短くても、言葉の勉強になりますね


今後は母いろは役の草刈民代さんと娘ことは役の斉藤光香さんの二人展開になるのでしょうか。
教授の忘れ形見のような、この愛らしい番組がなくなってしまわないように、(また時々忘れてしまいそうですが)ずっと視聴していきたいと思います。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
以前も、好きなミニ番組について書いたことがありますが、例え早朝深夜であっても考えぬかれたプログラムが放映されると嬉しいですね。
ネット人口増でTV不要論が出たりしてますが、『ワーズハウス−』のような番組の隠れファンは意外と多いかもしれません。



児玉清 切り絵展 −児玉氏が愛したホテルで紡ぐ心− パークホテル東京 2012/11/23〜12/3 25階 アトリウム




たったひとつの贈りもの―わたしの切り絵のつくりかた [単行本]
児玉清 著




忍者月影抄/山田風太郎



忍者月影抄 (講談社ノベルス・スペシャル―山田風太郎傑作忍法帖) [新書]
山田 風太郎 (著)


新書: 258ページ
出版社: 講談社 (1994/05)

あらすじ:
江戸日本橋の袂で晒し者にされた3人の女の肌に朱書された「公方様御側妾棚ざらえ」の文字。将軍吉宗に赤恥をかかせんとする尾張宗春は、甲賀忍者御土居下組と尾張柳生に密命を下す。対するは江戸柳生と伊賀忍群。幻怪眼を奪う忍法戦。 (Amazonより)

古書サイト登録店より、購入。

くノ一忍法帖(富士見書房)に続き、山田風太郎忍法帖は二冊目(後に柳生忍法帖の上下巻を読了)でしたが、前回の方が真田の命を受けた女忍者達を主人公にストレートに物語に入れ込み易く、対してこちらは通の忍法好みの書かと思います。

伝奇時代小説はまだ読書経験が浅く、忍法や剣術の限りを尽くす場面よりも、女性的な面白さを感じられる部分を先に読み進めました。
忍法埋葬虫、女人花、それに夢若衆と鏡地獄(この二話は、両性愛の傾向がありますね)の話に魅かれました。
埋葬虫の最期は、生きながら腐敗してゆく姿で、何とも無常で寂寥感漂う場面です。小野小町の九相図の絵にも例えられるでしょうか。

もっとも、頁順に権謀術数にワクワクしながら丁々発止と読むのが正統派で、これは邪道でしょうね。





ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
山田風太郎忍法帖シリーズの映画化作品で、以前掲載した『柳生外伝 くノ一忍法帖』、『魔界転生』以外ではまだ未見で、事前にレビューを読む限り、DVDを借りたいと思える作品に出会っていません。
アニメでも良いので、他時代伝奇物を圧倒する半端でない作品を今後も望みます。







プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。