スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エターナル・サンシャイン

エターナル・サンシャイン(2004)
ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND

アマゾンでは、こちら

メディア 映画
上映時間 107分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月 2005/03/19
ジャンル ロマンス/コメディ

【クレジット】
監督: ミシェル・ゴンドリー
製作: アンソニー・ブレグマン
スティーヴ・ゴリン
製作総指揮: デヴィッド・ブシェル
チャーリー・カウフマン
ジョルジュ・ベルマン
グレン・ウィリアムソン
原案: チャーリー・カウフマン
ミシェル・ゴンドリー
ピエール・ビスマス
脚本: チャーリー・カウフマン
撮影: エレン・クラス
美術: ダン・リー
衣装: メリッサ・トス
編集: ヴァルディス・オスカードゥティル
音楽: ジョン・ブライオン

出演: ジム・キャリー ジョエル・バリッシュ
ケイト・ウィンスレット クレメンタイン・クルシェンスキー
キルステン・ダンスト メアリー
マーク・ラファロ スタン
イライジャ・ウッド パトリック
トム・ウィルキンソン Dr.ハワード・ミュージワック
ジェリー・ロバート・バーン
トーマス・ジェイ・ライアン
ジェーン・アダムス
デヴィッド・クロス

【解説】
 終わってしまった恋の思い出を捨てた彼女と捨て切れなかった彼の、かけがえのない楽しかった日々を辿っていく切ないラブ・ストーリー。「ヒューマンネイチュア」の脚本・監督コンビ、チャーリー・カウフマンとミシェル・ゴンドリーが奇想天外なストーリーを、コミカルなタッチも織り交ぜながらユニークかつ巧みな作劇で語っていく。主演は「グリンチ」のジム・キャリー。共演は「タイタニック」のケイト・ウィンスレット。
 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエルは不思議な手紙を受け取った。そこには、最近ケンカ別れしてしまった恋人クレメンタインについてこう書かれていた。“クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社”。仲直りしようと思っていた矢先にそんな知らせを受け、立ち直れないジョエル。そして彼も、彼女との記憶を消すことを決意し、ラクーナ医院を訪れる。そこでは、一晩寝ている間に脳の中の特定の記憶だけを消去できる施術を行なっていた…。

(以上、allcinemaより)

DVDレンタルで、鑑賞。
ミシェル・ゴンドリーの劇場鑑賞はまだどれも観てないのだけど、youtubeの短編やPV等でその作品に出逢って親しんでいました。
そのせいか、感覚重視でだらーっと見る分には刺激的で楽なんだけど、映画としてきちんとストーリーを追うのが苦になって止めたいと思いつつ、ラストまで見ました。

ジム・キャリー演ずるさえない容貌のジョエルと、どのスタイルでも間違いなく美貌のケイト・ウィンスレット演じるカラフルな髪色した恋人との記憶がテーマなんだろうか。
最後に、お互いの存在を消された記憶で新たな生活を紡いで行くなら、ビターな味わいが効いたお話なんだけど、そうはならないのがエンタメ映画のお約束みたいでちょっとがっかりしました。

(個人的な好き嫌いはあるけど)配役に外れなしで、脇役が主役級の役者揃いなのも、映像全般が活きてましたね。
夢や心理を探求する映画(既見のだと、今敏監督のパプリカ、時計じかけのオレンジ、心理クリニックの所長がリンチ監督に何処か似ているインランド・エンパイア、未見ではインセプション)のエッセンスが凝縮しているような感覚も、(おそらく監督は計算済みでしょうね)非常に楽しめて良かったです。

やはり、映画館のスクリーンで観てみたい。
(未だアナログ!)TVでは、ゴンドリー特有の色彩の魔術がいまいちでしたから。





恋人達の記憶映像では好いものが幾つかあるけど、砂浜を背景にしたシーンが最も印象に残っています。(他のアート系映画でも、共通してます)



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
記憶の不条理性をもっと見たいと思うなら、いわゆる巨匠の映画がいいのでしょうか。Q&Aサイトでは岡本喜八や、クローネンバーグ等の作品が例に挙げられてます。
(恐怖やホラーはあまり必要としないのでパス^^;)
M・ゴンドリーの良さは、奇想天外なストーリーより賑わう街角や車窓風景などアップテンポな映像にあるような気がします。願わくば自己ダイジェスト編集でそんなシーン中心に楽しめたら幸いです。

スポンサーサイト

一ヵ月前の上映会場

3月20日に、チケットを購入して行く予定でいた邦画の上映会が中止になりました。前々日から数日間に渡るイベント(所沢ミューズシネマコレクション)だったので、同様に楽しみにしていた方は多かったのではないでしょうか。

その一ヵ月前の同じ日付、何故かすっかり上映当日だと思い込んで会場を訪れました。
春が近いのに真冬のように寒い日であったのを、覚えています。
劇場正面の入り口の前まで来て、会場内部や周囲に人気がないので初めて日程を間違えたと気付きました。(他の催事らしく何名か準備の方はいましたが)

ご存知の通り、翌月の11日に東日本大震災があったので、その後の上映会は中止になりました。他にも数々のイベントが取り止めや延期になったようです。

単に自分が勘違いをしただけなのですが、まるで地震のずっと前に(SF小説にあるように)身体が運ばれたような気がしてなりませんでした。(当日決行だったとしても、余震が発生したかもしれません)といっても神仏の加護という訳では、ないんでしょうけど。

2月20日の会場はあまりに寒かったので、耐えられず最寄り駅の喫茶店で頼んだカフェオレが非常に美味しかったです。帰りに少し買物をしただけで、行き帰りの時間が無駄になってしまいました。

催事等の日程を間違えるのはたまにある失敗ですが、これからは外出の際、予定期日を念押して確認しないといけないな〜、と思った次第でした。





ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
今夜も地元埼玉で余震があり、絶えず揺れているようで落ち着かない気分になります。
花見や催事は回復してきたとはいえまだ自粛の風潮がありますが、景気の活性化のためには程々に楽しむのがいいですね。
家でTVを見る時間は、節電の影響もありますが以前より減りました。



プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。