スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父さんギツネ バンザイ/ロアルド・ダール



父さんギツネ バンザイ
児童図書館・文学の部屋
ロアルド・ダール/作 田村隆一/訳 米沢万里子/訳
評論社

セブンネットショッピング

Amazon


3月公開映画『ファンタスティック Mr.Fox』の紹介文で本書の題名を知り、古書店から取り寄せて読んでみました。

3人の農夫は、性根が腐って、どうしようもなくみにくい人間達。
父さんギツネをはじめとする、本書に登場する動物たちは、生活のために泥棒はするが、皆愛嬌たっぷりの可愛くていい奴。しかも頭脳戦でははるかに人間どもに勝っている。

その対比が、D・シャフィンの繊細な挿絵に表れていて、これだけでも鑑賞価値が高く、文章の内容も非常に面白かったです。
私がダールなら、最後にかろうじて人間達も救われるところを描きたかったのですが、あくまでも情け容赦なく永久に復讐するつもりなのでしょう。だって、キツネを殺そうとしたんですから当然の事だよ、というシビアな英国人の台詞も聞こえてきそうです。

英文の原作も、児童文学なので易しく読めそうです。(日本人でも、少しはペーパーバックを読まないと!)
Amazonにこちらの感想が多いというのも、嬉しい話です。

ロアルド・ダールの作品は、既知なのが『チャーリーとチョコレート工場』のみ(しかも映画鑑賞のみで、原作は未読)なので、これから一冊ずつ熟読していきたいと思っています。

著者近影と略歴(英文)

ウィキでもどうぞ。



3月19日公開の映画。



監督のウェス・アンダーソン、今までファンになったアーティストや作家にあまりに似ていて、もっとこの人の映画を観てみたい!という想いを起こさせるに充分な人物です。
もし来日するなら、インタビューも期待したいですね。

公式サイト

★映画の広告では、こちらが原作として紹介されています。
すばらしき父さん狐 評論社





ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
映画サイトで人物像を見る限り、農場主たちの性悪さが原作より薄まっている気がします。原作ではかなりギョッとしました^^;
まぁ、その分エンタテインメントとして楽しんで観られそうかな、とも思いますが…




スポンサーサイト

所沢ミューズホール シネマ・セレクション3/18〜20

今年も近隣の所沢ミューズで開催される、『ミューズ シネマ・セレクション』の内容についてご案内します。

チラシはこちら


ミューズ シネマ・セレクション
世界が注目する日本映画たち PartXI


3月18日
18:15開場/18:30〜前夜祭:「特別対談と落語の夜」
森昌行×立川志らく師匠

3月19日
11:15開場/11:30〜「パーマネント野ばら
14:15開場/14:30〜「BOX 袴田事件 命とは
17:45開場/18:00〜「ケンタとジュンとカヨちゃんの国

3月20日
10:45開場/11:00〜「ユキとニナ
13:45開場/14:00〜「川の底からこんにちは
17:00開場/17:15〜「アウトレイジ

※各作品にallcinemaへのリンク。


上映後、ゲストトークを予定。

会場:所沢ミューズ マーキーホール

全席指定
前夜祭(18日)1,000円
1回券(日時指定)800円
1日券(日にち指定・限定160席・前売のみ)
19日(土)2,000円
20日(日)2,000円

前夜祭+映画セット券もあり。
ミューズチケットカウンターのみ取扱い。

ミューズチケットカウンター
TEL:04-2998-7777
窓口販売:10:00〜19:00  電話予約:10:00〜18:00
チケットぴあ
ローソンチケット

☆前夜祭・一日券で楽しめます

現地へのルート・乗り換え案内 Googleマップ



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
落語好きな方は、前夜祭のみも楽しめますね。
発売中のぴあでも頁下部に上映会情報が載ってます。
多忙なゲストがいずれの映画にも来訪されますように、願っています。

(2011/03/17更新)
上記の『ミューズ シネマ・コレクション』は公演中止になったそうです。
払い戻し等詳細は、下記まで。

ミューズ主催公演情報
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/koen/20110320.html

残念ですが、次回開催を楽しみに待つことにします。





あなたがここにいて欲しい/中村航



あなたがここにいて欲しい (角川文庫) [文庫]
中村 航 (著)

文庫: 237ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/1/23)
発売日: 2010/1/23


書店で平積みされているのを短時間に買い急いだのに、後々まで味わい深くゆっくり楽しめる本でした。表紙はこちらと異なり、海中を表わすデザインのカヴァーが付いてました。
失礼ながらほんの偶然から手にした中村航さんの著書は、これが初読です。今後もずっと愛読していきたい作家さんです。

幼稚園から親しんでいる動物園のゾウや同級生との思い出、現在の恋愛相手とのやりとりを不器用に感性深く語る表題作『あなたがここにいて欲しい』、男子特有の趣味遍歴とブリティッシュ・ポップな同級生の愛読書について語る『男子五編』、都会の片隅で、雑貨店に勤める女性が、公園ののら猫と猫に餌をやる風変わりな男性とのユーモラスな手紙交換を語る『ハミングライフ』の3作品が収録されている短編集です。

猫好きなので、ラストの『ハミングライフ』を真っ先に読んでしまいましたが(笑)、鬱屈した高校時代の思い出の印象の強い『あなたがここにいて欲しい』が最も記憶に残る作品になりました。語り口は穏やかながら、自分自身にも共通するのですが非常に鋭い五感を持っている方だなという感じを持っています。

表題作に登場するPink Floydの名曲です。動画でドウゾ。

Wish you were here

Have a cigar

Shine On You Crazy Diamond


クラシック・ロック&プログレ好きとしては、読書をきっかけに久々に旧作を堪能できたのが何よりでした。
小説と好きな音楽が繋がっていると、嬉しさもひとしおなんですよね。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
自分の好む音楽にまつわる小話を、プロ作家に習って創作してみたいと思うのですが、これが結構難しいもので、なかなか書けません。上で挙げたPink Floydのように貫禄のある曲ならそれにふさわしい形でというのも、ありますね。
そのうち、いい作品ができたらこの場で披露してみたいと思っています。




プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。