スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイルズバーグの春を愛す?/ジャック・フィニイ

以前の回で短編『愛の手紙』について書きましたので、今度は次に興味を惹いた三編をお薦め順に。


『大胆不敵な気球乗り』

ストーリー:
サンフランシスコ沿岸のマーチン郡に住むチャールズ・バーグは、ある日空を舞う鷹を見上げて、気球で空を上昇したいという強烈な感情のとりこになってしまった。百科事典にある気球の項目を読み、構造や操縦法を理解した。買ってきた布と身近な素材で気球を作り、湾岸を上昇する。降りるとき犬を散歩させていた近所のレニダス夫人に出くわすが、次回飛行する時に、彼女に懇願されて、夜間の気球飛行を一緒に楽しむようになる。

感想:
読後、映画『メアリー・ポピンズ』や、他の気球が出てくる作品を思い出してしまいました。
著者は勿論気球について入念に調べた上で、この短編を書いたのでしょうけど、本当にこのような飛行が可能なのか信じられません。うだつのあがらない主人公の男性の願望のような、幻想に満ちた作品に仕上がっています。
大人に童話めいた話を読み聞かせするのは躊躇しますが、悩める人の枕元で聞かせたいような…。



『おい、こっちをむけ!』

ストーリー:
サンフランシスコの新聞社で書評を担当しているピーター・マークス。彼は友人の売れない作家マックス・キンジェリーがもう亡くなっているのに、ミル・ヴァレーの街中を歩いているのを目撃していた。その時彼はイニシャルがついた派手なムギワラ帽子をかぶっていた。その後妻を伴って、再び彼を目撃した時の服装は、同じイニシャルがついた派手な上衣だった。町の人々もまた彼を目撃していた。

ピーターは、かつてマックスが住んでいた家に行ってみた。書きかけの古いタイプ用紙を見つけた彼は、妻と出かけたドライブの途中、大きく岩肌に書かれた彼のイニシャルを発見する。これは死んだマックスが、世間の目を向けさせるために、沈黙の叫び(「おい、こっちをむけ!」)をあげているのだと彼は思った。

その年の春にふたたび訪れた彼の墓に、すばらしい花崗岩の墓石が立っているのを見つける。表面には、マックス・キンジェリーと深く刻まれていた。墓地を出たところの仕事場にいた石工は、彼に頼まれたと告げ、請求書を差し出した。

感想:
本書で最も怪談の色彩が強い短編でした。
死者に出逢う恐怖感は、「ねじの回転」のヘンリー・ジェイムズに匹敵するかもしれません。この手の話を好む読書家なら、もっと比較に適した作家が該当するでしょう。ラストに遂に目的を達した作家と、主人公の関係が(請求書に)良く現れているなーと思いました。
読後何となく、街の雑踏に故人となった同級生か、親戚を発見しそうな雰囲気を感じ、ぞっとしました。



『クルーエット夫妻の家』

ストーリー:
建築家の私が保存していた1880年代の家の建築設計図の通りに、新築の家を希望した若き富豪のクルーエット夫妻。腕利きの大工や職人達は仕事が気に入り、張り切って仕事を進めた。私も夢中になり、家は完成する。
無垢の権化のような、19世紀を再現した素晴らしい家に移ると、夫妻は外出をしなくなり、服装も当時のままに、優雅な古い暮らしを楽しむようになる。

感想:
あらすじは違えど、全体のイメージから、内田善美氏の漫画『星の時計のリデル』の世界を思い出しました。家には設計書の段階でも憑き纏うスピリット(これは神秘的であり、怪異やおどろおどろしさはない)があるのですね。



端折ってしまった他の併載小説も、ぜひ。

旭屋倶楽部の該当ページ
購入した旭屋書店の、全国店舗在庫が見られます↑

Amazonは、こちら





(2011/04/26更新)
ジャック・フィニィ『盗まれた街
侵略SFの名作。
映画化は1979年「SF/ボディスナッチャー」2007年「インベージョン」等
(劇場未公開ビデオ発売1956年「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」1993年「ボディ・スナッチャーズ」もあり)
他フィニィ原作の映画は、allcinemaに。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
以前のブラッドベリもそうですが、短編小説(掌編も含めて)には、読者を虜にする魅力が詰まっているのだとつくづく感じました。但し、古今東西のどの短編もいいという訳ではなく、自分に合う作家や作品を、時間をかけて選ぶ必要はありますね。今回は本屋での偶然が引き寄せた縁に恵まれて、本当に良かったです。


今年は更新少な目でしたが、多くの閲覧・訪問を頂き、本当にありがとうございます。映画はDVD鑑賞やランダムなイベントが多く、映画館で観た感想が少なかったのが、残念です。
来年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

柳生外伝 くノ一忍法帖 〜会津雪地獄篇〜



くノ一忍法帖 柳生外伝~会津雪地獄篇~ [DVD]

出演: 小沢仁志, 森山祐子
監督: 小沢仁志
販売元: キングレコード
DVD発売日: 1998/09/23
時間: 81 分

シネマトピックスの映画紹介

(allcinemaより)
メディア 映画
上映時間 106分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(キングレコード)
初公開年月 1998/07/11
ジャンル 時代劇/アクション/エロティック

【クレジット】
監督: 小沢仁志
プロデューサー: 新井義巳 林哲次
企画: 西野聖市
原作: 山田風太郎
脚本: 井上淳一 小沢仁志
撮影: 江原祥二
スペシャル・エフェクト: 羽鳥博幸
特殊メイク: 原口智生
美術: 原田哲男 倉橋利韶
デザイン: 寺沢武一
編集: 鵜飼邦彦
音楽: トルステン・ラッシュ
主題歌: 寺田恵子
特技監督: 小林浩二 
助監督: 林稔充

出演:
小沢仁志 柳生十兵衛
森山祐子 千絵
白島靖代 千姫
水上竜士 加藤明成
片桐竜次 沢庵和尚
宮坂ひろし
田口トモロヲ 漆戸虹七郎
鵜川薫 くノ一
菅原晶子 くノ一
武田和季 くノ一
佐伯ももか くノ一
NON くノ一
大葉ふゆ くノ一
麿赤兒 天海僧正


山田風太郎の原作の忍法帖シリーズを読み始めて二冊目で、初のDVD鑑賞です。(以前深夜映画で一度、ある山風作品を見てますが、正直あまり楽しめなかった…)
こちらは原作未読ですが、純粋に映像を楽しめました。

監督・脚本兼主役の小沢仁志さんの柳生十兵衛は奇をてらっておらず、正統派時代劇ヒーローとして安心して見られました。千絵役の森山祐子さんも素晴らしい美貌とアクション、確かな演技力ですね。敵方の面々も、映画らしい一流の配役で外しがなく、劇画タッチの出来栄えで満足できました。くの一はちょっと女の子っぽい舌足らずな台詞回しがあったので、それが少し残念。(でも愛嬌ということで、いいのかな?)

現在本作品を再制作するなら、雪地獄のシーンもさらに幻想的で細密なCGが期待できそうです。リメイクは是非やってほしいですね。

注文中の原作を読了したら、再見してレビュー欄に感想を書く予定。
二度見たのによくわからない個所も、読後ならもっと内容を理解できそうです。


(2011/04/22更新)
ブックマーク頂いている菱沼康介監督による、映画『くノ一忍法帖 影ノ月』が6月4日より東京・名古屋・大阪にて公開予定です。
(2011/04/30更新)
くノ一映画紹介と、震災復興支援のニュース




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
忍法帖のレビューを拝見すると、男性はエロティックな作風の方が満足できるように思います。(原作ではその部分が、かなり顕わになってます。)
劇場映画にするなら、エロさはそこそこでアクションや演技が主役・脇役共上質なのがいいですね。低俗でない、妖艶甘美な作品を楽しみたいって時もありますが。

映画講演会 劇的3時間SHOW byトラン・アン・ユン

12/13(月)夜、表参道スパイラルホールで開かれた『劇的3時間SHOW』を聴講しました。

こちらは、映画『ノルウェイの森』のトラン・アン・ユン監督による、3時間の映画に関する講義です。

気楽な映画の裏話を聞けるかもしれない、と楽しみにしてましたが、扉を開けたら大学並みの、思わぬ芸術性の高い講義にとまどいながらも、熱心かつ真摯に話を聞きました。

途中でスクリーンに上映された黒澤明監督の『生きる』やテレンス・マリック監督作品の『ニューワールド』、そしてトラン監督の『ノルウェイの森』の数シーンを鑑賞しながらの長時間に渡る情熱的な講義は、会場の参加者に映画を理解するには欠かせない、(誰も学校や社会では教えてくれないだろう)研ぎ澄まされた精神を呼び起こしたと思います。

このシリーズは、次回のゲストが決定しており、それに続く映画監督も予定されています。都内および近郊で内容に興味を持たれた方は、ぜひ上記サイトに応募して講演会に参加してみてください。

関連記事はこちら

(2011/01/06更新)
12/13 トラン・アン・ユン監督のダイジェスト動画がアップされました。
#1
#2













ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
スパイラルホールで拝聴した講義は、何か監督の後光が射しているように感じて客席にいてもどきどきしました。
著名人に慣れていないせいでもあるのかもしれません。
度胸がついたら、いつの日か、短くても質問ができるように願っています。

ゲイルズバーグの春を愛す/ジャック・フィニイ



ゲイルズバーグの春を愛す ハヤカワ文庫 FT 26 [文庫]
ジャック・フィニイ (著), 福島 正実 (翻訳)

全部で10の短編が収録されているジャック・フィニイのファンタジー集です。イリノイ州ゲイルズバーグで始まる、いずれもアメリカの平凡な街にまつわる不思議な物語。

どの短編も読み応え十分でしたが、今回は、ラストの「愛の手紙」について書きたいと思います。他編の感想は、本をテーマにした回にまた。


この本を開いて最初に読んだ短編が、この最後に収められている「愛の手紙」でした。
これは、日常使う眼鏡のごとく今を生きるには欠かせない、或る大切な人に捧げたい物語です。(ちなみにJ・フィニイも、彼も眼鏡愛用者です)

読むたびに、何故か涙がとまらない。
懐古趣味といえば、それまでですが。


主人公は、NYブルックリン在住の青年。
結婚を予定している女性との付き合いはあるが、どうも本気になれない。
あるとき、近所の古い邸宅にあった古風な机を古道具屋で購入する。
彼は机に付いている小仕切りや抽斗を探るうちに、隠し抽斗に仕舞われていた手紙を発見する。

NYの若き青年と古き佳き時代の婦人が古い郵便局と古風な机を通じて、時を超えて手紙を交換する、懐かしくファンタジィに満ちた物語です。


Amazonのレビュアーの方(湯島杢兵衛さん)がご指摘になっていた、英語の原作の一部を読んでみました。
http://homepage.mac.com/cssfan/jackfinney/sep590801016.htm

ヘレンの二度目の手紙にあった、(結びの挨拶であるmost sincerelyの前の)最後の言葉。
I remain,
これは、彼女の墓碑銘と照らし合わせてみるとよく理解できます。
結婚予定の人とは一緒にならず、結局独身を貫いたのですね。

訳者の故福島正実氏は、これをあえて訳さなかったのではと私なりに推測します。(結びの訳語である「心から〜」に含まれているのかもしれません)物語の最後の文章にある、"雨風にうたれたふるい石碑の表面に刻まれた碑文"の名前をどうか読んでくれ、と。

J・フィニイと訳者福島氏の心が沁みる、愛の短編です。




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
本書は、念願だったBRUTUSの映画監督特集号を店頭購入する際に、何か文庫本も、と思って一緒に買った一冊です。
邦版ならではの魅力溢れる、内田善美さんの表紙画にも惹かれました。
帰宅後生涯の一冊になった本に出逢えたことに感謝しました。慌しい本選びのわずかな一時でも自分の趣味嗜好は鋭く働くのだなー、と感心した次第です。
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。