スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の薔薇



11/28(日)有楽町朝日ホールで、東京フィルメックス特別招待作品を鑑賞して来ました。
アモス・ギタイ監督の『幻の薔薇(英題 Roses On Credit)』です。
前売りチケット販売終了で当日も閉会式だからなぁと諦めていたところ、譲って頂けることになり運良く取得できました。

フィルメックスのサイトより作品詳細
http://filmex.net/2010/ss07.html

実はフランス映画は、圧倒的に鑑賞不足で個性的でアーティスティックなシーンが不慣れでした。後で購入した公式プログラムで確認しましたが、ストーリーも半ば勘違いしてたりして。

この映画は、それを超えて余りある感動をもたらしました。
活気ある国際映画祭の興奮状態も、多分に影響していたのでしょうね。


内容は、第二次大戦後のフランス。
薔薇づくりの家に嫁いだ女性の物語です。
女性の性格や浪費癖もあるとはいえ、最後がビターエンドなんですね。
この後の人生はどうなるのかと、余計な心配をしたりも。
ラストのスカーフの空色が象徴するように、きっと果敢に生きてゆくのでしょう。

監督も上映後のQ&Aで話してましたが、ルイス・ブニュエル、ジャン=リュック・ゴダール、エリック・ロメール等フランス映画を好む向きは、きっと鑑賞必至の映画でしょう。詳しい対比はちょっと不案内なので、控えます(^^;
個人的にも好みの、ヒッチコック(裏窓)のエッセンスも挿入されてたりします。

建築に造詣の深い監督ならではの、家のセットや建物の描写が素晴らしい。
繊細な植物が描かれた壁紙や寝具が映画を雄弁に物語っていたようでした。
夫婦がのちに住む、アパルトマンの内装が反転してモダンになっていたのが興味深かったです。


Q&Aではまだ配給未定との話でしたが、早く一般公開になることを願って止みません。

東京日仏学院で特集上映が組まれてます。ギタイ監督のファンは勿論、少しでも彼の映画に興味ある方は是非。
http://www.institut.jp/ja/evenements/10221




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
本作はフィルメックスの受賞は逃しましたが、初鑑賞で心に深く刻まれた作品です。これからも国際的に価値ある作品を産みだしていくであろうアモス・ギタイ監督、おおいに期待してます。


幻の薔薇 [DVD] 2012/01/11発売予定
レア・セドゥ (出演), グレゴワール・ルプランス=ヤランゲ (出演), アモス・ギタイ (監督)



スポンサーサイト

丸カフェ映画塾 11/17

もう日がだいぶ過ぎてしまいましたが、先週11/17、東京駅近の新東京ビル1F、丸の内カフェにて、映画のトークセミナーに参加しました。


ゲストは行定勲監督、聞き手は東京フィルメックスのプログラム・ディレクター市山尚三氏。

当日USTREAMにてライブ放送されましたが、録画はアップされないですね。
前回のセミナー他、フィルメックスのセレモニー、舞台挨拶やQ&Aの模様がこちらで見られます。
http://filmex.net/broadcast/

youtubeのチャンネルでも。
http://www.youtube.com/user/TOKYOFILMeX


質問は事前にメールで募ったため、聴くだけなのに不要な緊張しましたが、
意外と気さくな監督でした。 
撮影時に足を傷められ、松葉づえが痛々しかったです。
聞き手の市山氏は、以前TVで拝見したことがありますが、オフィス北野に在籍されてます。2000年12月に東京フィルメックスを立ち上げ、現在までプログラムディレクターをつとめられてます。


内容は、フィルメックスの紹介、出品した釜山映画祭の裏話など。
何せ、海外映画祭に連なるお歴々の名前をあまり知らないので、詳しい説明は後の映画サイトや雑誌記事等でご確認頂ければ幸いです。


行定監督のお話で、映画素人の私が記憶している部分を挙げると、
・台湾の撮影監督のリー・ピンビンが水脈を当てる仙人のようだということは、よく分かりました。彼はロケハンをしないそうです。(作品は花様年華、邦画では、春の雪、トロッコ、空気人形、ノルウェイの森等)
(以下、監督自身について)
・羨ましいことにブランデー片手のジョニー・トーと(釜山で)語らえたりしたそうです。
・フィルメックス第8回のコンペ部門で上映され、審査員特別賞コダック VISION アワードを受賞した香港映画『天使の眼、野獣の街』(ジョニー・トー製作、ヤウ・ナイホイ監督)は、当時審査員をされていて自ら進んで投票したそうです。


東京フィルメックスで監督によるお薦めの作品は以下のとおり。
(既に上映終了作品はご了承下さい。)
当日初回上映40分前に発売の当日券があります。
http://filmex.net/2010/schedule.html

○特別招待作品
ブンミおじさんの森(オープニング) アビチャッポン・ウィーラセタクン監督 11/20
詩(クロージング) イ・チャンドン監督 11/28

○コンペティション
夏のない年 マレーシア映画 11/21,24
独身男  これは予告編を見ましたが、面白かったです。何度も話題に上ってました。
愛が訪れる時 11/20,26
ビーデビルド(仮題)11/23

○邦画の旧作上映。
本日休診 以下渋谷実監督作品、洒落たコメディ 11/23
正義派 11/20,26
もず 11/22

行定勲氏は、映画祭では一般公開されない作品を観るべきだと語っていたのが、印象的でした。
世界の中心で〜等ヒット作が有名ですが、自分が撮りたいのは、停滞してるような、あまり動きが少ない作品だそうです。


朝日新聞に掲載された、
石井裕也監督による、渋谷実作品の解説も。
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201011180315.html



11/17の様子をリポートする、シネマトゥデイの記事



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
11/28(日)に観たアモス・ギタイ監督作品『幻の薔薇』鑑賞日記をアップ予定です。

アニー・ホール



アニー・ホール(1977)
ANNIE HALL
メディア 映画
上映時間 93分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(UA)
初公開年月 1978/01/
ジャンル ドラマ/ロマンス

【解説】
 ニューヨークを舞台に、都会に生きる男女の恋と別れをペーソスと笑いで綴るアレンの傑作ラブ・ストーリー。うだつの上がらないスタンダップ・コメディアン、アルビー(W・アレン)は、知り合った美女アニー(D・キートン)と意気投合して同棲生活を始めるが、うまくいくのは最初だけ。次第に相手のイヤなところが気になり出した二人の間には見えない溝ができ上がっていた。そしてアニーの前に現れた人気歌手のカリフォルニアへの誘いが二人の仲にピリオドを打つ決定的なものとなった……。心の声を字幕で流してみたり、いきなり本筋と関係ない人物が現れたりと、ユニークな手法も尽きないが、根底にあるのはアレンのしっかりとしたタッチ。タイトル・ロールを演じるD・キートンが主演女優賞に輝いた他、アカデミーでは作品・監督・脚本賞を受賞している。

【クレジット】
監督: ウディ・アレン
製作: チャールズ・H・ジョフィ
ジャック・ロリンズ
製作総指揮: ロバート・グリーンハット
脚本: ウディ・アレン
マーシャル・ブリックマン
撮影: ゴードン・ウィリス
衣装デザイン: ラルフ・ローレン

出演: ウディ・アレン アルビー・シンガー
ダイアン・キートン アニー・ホール
トニー・ロバーツ ロブ
ポール・サイモン
キャロル・ケイン
シェリー・デュヴァル
クリストファー・ウォーケン
コリーン・デューハースト
ジャネット・マーゴリン
ビヴァリー・ダンジェロ
シェリー・ハック
シガーニー・ウィーヴァー
ジェフ・ゴールドブラム
クリスティーン・ジョーンズ

(allcinemaより)


ウディ・アレン二作目のDVD視聴です。

もっと個人的に見たい作品があったのですが、それより先に彼本来の魅力が見える、幅広いファン層がいる作品を選びました。

レビューはこちら


他のレビュアーも書いてましたが、私もロブスターの場面がお気に入りです。(ちょっと残酷ですけど)あそこだけフィクションを離れて、アレンとダイアンの私的ドキュメンタリーの世界のようです。(映像も、音声も)
『自分を会員に入れるクラブには入会しない』、この言葉も有名なエピソードです。

待望の新作も上映を控えているし、巧く自分の生活とリンクするタイミングをとらえてそれに合う旧作を味わうのも、ウディ・アレン監督の滋味妙味を知る機会であると、新たな楽しみが多い今日この頃です。

アルバトロスF「人生万歳!」、12月11日公開





ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
最初はとっつきにくい雰囲気だったアレンの映画世界に、次第に慣れてきました。今回は生(き)のままの魅力が溢れているように感じます。
新作は当然ながら、旧作も可能な限りDVDより映画館でも楽しみたいです。

映画『レオニー』の松井監督

昨日の朝日新聞家庭欄に、自作映画『レオニー』がもうすぐ公開される、松井久子監督の記事が載っていました。

映画『レオニー』について asahi.comより

彫刻家イサム・ノグチの母レオニーを描いた映画ですね。
日米各々の暮らしを違和感なく描くため、映画2本分のスタッフが必要になったそうです。

以前、NHKの『プロフェッショナル仕事の流儀』でも特殊メイクの取材の中で、映画の制作風景を非常に興味深く拝見しました。
この端的なメイキング風景からも、松井監督は人の心をとらえて離さない力がありました。


芸能ライター時代の離婚や子育て、制作会社立ち上げから映画制作に至るまで相当な御苦労をされたことと思います。
ドウス昌代の著作「イサム・ノグチ 宿命の越境者」を読まれて本作品への想いが実り、今回の公開となったこと、心からお祝い申し上げます。


断片的には今までのTV番組や映画サイト等で知っていても、どんな本編が観られるのか、映画館のスクリーンで作品(できれば、監督自身にも)に逢うのがとても楽しみです。


これからも映画作品や執筆等における多彩なご活躍をされますよう、心からお祈り申し上げます。

映画『レオニー』 公式サイト
http://www.leoniethemovie.com/




ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
松井監督のように、映画の製作費を一部でもカンパで集めるというのは、たとえ微々たる金額でも最善の方法ですね。
そのような資金調達で製作される映画が今後も少しづつ増えていくように、願ってます。




プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。