スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トニー滝谷



トニー滝谷 スタンダード・エディション DVD

(goo映画より)


製作年 : 2004年
製作国 : 日本
配給 : 東京テアトル

キャスト(役名)

イッセー尾形 (トニー滝谷/滝谷省三郎)
宮沢りえ (A子(小沼英子)/B子(斉藤久子))
西島秀俊 (語り)
篠原孝文 (トニー少年)
四方堂亘 (絵画教室の先生)

スタッフ

監督
市川準

製作
橋本直樹
米澤桂子
石田基紀

原作
村上春樹

脚色
市川準

撮影
広川泰士

音楽
坂本龍一

作曲
坂本龍一

美術
市田喜一

編集
三條知生

録音
橋本泰夫


第57回ロカルノ国際映画祭審査員特別賞、国際批評家連盟賞、ヤング審査委員賞受賞、第26回ぴあフィルムフェスティバル上映、サンダンス・フィルム・フェスティバル2005 ワールド・シネマ・ドラマティック・コンペティション ノミネート作品。

ストーリー

ジャズ・ミュージシャンでトロンボーン奏者を父に持つトニー滝谷は、彼を生んだ母と早くに死別し幼い頃から孤独だったが、特にそれを淋しいとは思わなかった。

大学卒業後デザイン会社を経て独立し、イラストレーターになった彼は、やがてひとりの女性に恋をした。結婚し彼女と幸せな生活を送っていたが唯一の不満は、妻の洋服依存症であった。妻の事故死のあと衣装部屋を埋め尽くす服だけが残った。トニーは妻のいない孤独に耐えられず、死んだ妻の代わりを務めてもらうために容姿、体型ともそっくりな久子を、アシスタントに雇うことにした。

妻の遺品である大量の高価な服を見た久子は、亡くなった妻を思い涙を流した。トニーはとりあえず一週間分の服を渡すが、結局採用を断念し彼女を雇うことをしなかった。

それから一年の歳月が流れ、彼は妻の服を渡し採用を断った久子を思い出した。悩んだ末、トニーは彼女に電話をかけてみるが、彼女は電話には出なかった。



レビューをアップしています。

独りが平気なのは我が身と共通している主人公トニー滝谷の人物像ですが、それを強調することなく淡々と描いていることで更に人生の悲哀が増す映画だと思います。例え伴侶に恵まれずとも命尽きるまで飽きることなく孤独を味わい、誰にも迷惑を掛けずに生きたいと願う鑑賞後感でした。

この映画を手がけた市川準監督は「禁煙パイポ」等CMの演出で知られ、2008年短編映画『buy a suit/スーツを買う』を製作後、惜しくも逝去されました。当時ニュースで聞いてもあまり実感が湧かなかったのですが、先日『トニー滝谷』を見た後、市川監督はもう居ないのだ、この映画は彼が遺した作品だという思いが改めて胸に迫ってきました。

市川準監督のプロフィール(eiga.comより)

1948年11月25日生まれ。CM演出家を経て、87年の富田靖子主演作「BU・SU」で映画監督デビュー。翌88年に、ハナ肇とクレイジーキャッツの7人が勢揃いした最後の作品「会社物語 MEMORIES OF YOU」で中年サラリーマンの悲哀を描いた。89年「ノーライフキング」(原作いとうせいこう)、90年「つぐみ」(原作吉本ばなな)と話題作を連発。95年の緒形直人主演作「東京兄妹」でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、97年の長塚京三主演作「東京夜曲」でモントリオール世界映画祭最優秀監督賞を受賞。三谷幸喜の舞台を映画化した「竜馬の妻とその夫と愛人」(02)、イッセー尾形&宮沢りえ主演で村上春樹の小説を映画化した「トニー滝谷」(04)などを手がけた。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます。後で市川監督のCMをyoutubeに載っていたら、じっくり見てみたいと思っています。

スポンサーサイト

翻訳家浅倉久志氏を偲んで

2月14日に逝去された、SF翻訳家浅倉久志氏。
映画「ブレードランナー」の原作『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』の翻訳で最も著名な方でした。

ハヤカワ・オンラインの追悼文
東京創元社の追悼文

SFを主に海外文学の翻訳や海外メディア・文化の紹介に偉大な功績を残された方でした。心から、ご冥福をお祈りいたします。

マイ本棚の既読書は惜しいかな、彼の翻訳書はまだ少ないです。その中で、昔の日記にもちょこっと書いたヴァーミリオン・サンズ/JGバラード著は、家族にも呆れられるくらい読み捲くった本でした。こちらはいまだに再販なしなので、初版は相当古びています。

その他、猫に関する海外文学アンソロジーの中の一編も印象深い作品でした。
扶桑ミステリー文庫『魔法の猫』に併載されています。猫好きな方は必読。


未読のうちこれから購入希望の本をいくつか。

浅倉久志『ぼくがカンガルーに出会ったころ』国書刊行会、2006年
ユ−モア・スケッチ傑作展』(1)〜(3) 早川書房、1978年 - 1983年 → 再構成されて『エンサイクロペディア国の恋』『忘れられたバッハ』(ハヤカワ文庫、1991年)として再刊。(ウィキペディアより)

ユーモア物を愛好し、自ら編集、翻訳を手がけておられた浅倉氏。SFだけでなく様々な分野で才能を発揮しておられたのだなと、いまさらながらその業績に感嘆した次第です。彼に続く名翻訳家がひとりでも多く輩出されるよう願っています。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます。既知の作品よりも、作家や翻訳家の方が逝去されて、改めて調べて知る名著がたくさんあることがよく分かった日でした。

ショコラつながり

定番ですが、ヴァレンタイン・ディにぴったりな映画といえば、

ラッセ・ハルストレム監督、ジョニー・デップ主演の『ショコラ』ですね。



この映画のような、滋養があり芳醇な味わいのチョコレートを一度でも食べたいと思ったものです。
前に書いた『バベットの晩餐会』にちょっと似たストーリーでもあります。


本日調べて知ったのですが(まことにお恥ずかしい限りですが)、タイトルの似た邦画があります。



ショコラの見た世界 デラックス版 [DVD]

(goo映画より)

製作年 : 2006年
製作国 : 日本
配給 : ティ・ジョイ/ショウゲート

スタッフ

監督
行定勲

製作
深津智男

プロデューサー
飯泉宏之
山口順久

脚本
伊藤ちひろ

撮影
中山光一

音楽
寺嶋民哉

主題曲
K ケイ

美術
山口修

編集
今井剛

録音
伊藤裕規

スクリプター
山本亜子

エグゼクティブ・プロデューサー
春名慶
村松俊亮

その他
宇都宮いく子
吉野耀脩

助監督
大野伸介

照明
市川徳充

VFXプロデューサー
篠田学


キャスト

竹内結子 (ショコラ)
大塚ちひろ (テンコ)
和田聰宏 (ジダン)
藤本七海 (子どもの頃のテンコ)


行定勲監督と春名慶プロデューサーによる携帯電話のストーリーCMが好評で、長編ムービーへ発展させた映画。

携帯電話の機能と性能(情報伝達、動画、色彩、メモリー、音楽機能など)をCMで映像化、さらに、約50分のファンタジーに映画化した作品。
 

ストーリー

小学生の頃、大事な日には決まって熱を出して寝込んでしまったテンコ(藤本七海)。そんな日にだけ姉・ショコラ(竹内結子)が話してくれる、旅先で出会った「不思議な話」を聞くのが大好きだった。

ある夏の暑い日にショコラは溶けるようにこの世を去った。それから7年の月日が経過し、浪人生として平凡な毎日を送るテンコ(大塚ちひろ)はある日、姉のかつてのボーイフレンド・ジタン(和田聰広)と出会う。

おとぎ話だと思っていた姉の「不思議な話」は、ジタンのケータイに映像として残されていた。頭に描いていた姉の話の風景が、あざやかな色、音、姉の姿とともにケータイの中で再現されて行く。姉が残した最後のメッセージ。その場所へ向かったテンコとジタンが目にしたものは。



竹内結子演じる“ショコラ”の記憶が記録として携帯電話に残され、7年のときを経て真実が明らかになる・・・。という幻想的なお話。

CMを見た視聴者からの反響で映画化した作品とは、CM好きな私にとって何とも嬉しい限りです。
惜しいことにまだ未見なので、レビューは是非近いうちに。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます(^▽^*)g 巷の喧騒に同調するより、チョコはゆっくり味わって食べたいものです

3月所沢ミューズホールで映画上映

以前も掲載しました所沢ミューズホールでの映画上映会です。
検索ワードにありましたので、今回も載せてみました。

近隣や所沢航空公園まで行ける邦画ファンの方、監督の貴重なお話も聞けるのでご覧になってみてはいかがでしょう。

Yahoo!地図


ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち Part?

2010年3月20日(土)
14:15開場/14:30〜「ディア・ドクター」☆
17:45開場/18:00〜「ウルトラミラクルラブストーリー」☆

2010年3月21日(日)
11:45開場/12:00〜「空気人形」☆
15:15開場/15:30〜「愛のむきだし」

2010年3月22日(月・祝)
11:00開場/11:15〜「ぐるりのこと。」☆
14:15開場/14:30〜「人のセックスを笑うな」☆
17:45開場/18:00〜「フィッシュストーリー」☆

☆印:監督来場予定

会場 所沢ミューズ マーキーホール
入場料金  全席指定
1回券(日時指定)800円
『愛のむきだし』のみ特別価格1,300円
1日券(日にち指定・前売のみ・80席限定)
20日(土)1,300円(残席僅少)
21日(日)2,000円(残席僅少)
22日(月・祝) 2,000円(残席僅少)

■チケット販売

ミューズチケットカウンター TEL:04-2998-7777
窓口販売:10:00〜19:00  電話予約:10:00〜18:00

チケットぴあ TEL : 0570-02-9999 Pコード 555-977(一回券)/ 555-978(一日券)

ローソンチケット TEL : 0570-084-003(関東甲信越 Lコード専用) Lコード 33883(一回券)/ 33880(一日券)


☆上映のご案内のみで、どの曜日も観られず残念でした。
感想は、行った方が映画サイトに書かれてるようなので、ご覧になってください。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございますヽ(^▽^)ノ 次回はいずれかの日をキープして観に行きたいです☆☆

多くの方にご訪問頂き、感謝しております

自由戀愛/岩井志麻子



  自由戀愛/岩井志麻子著 中公文庫


以前購入してしばらく本棚にあった文庫本ですが、最近再読しています。
2005年にはWOWWOWでドラマ化されました。現在DVDになっています。

岩井志麻子さんの著書は、『ぼっけえ、きょうてえ』で驚愕の読者デビューを果たしました。岡山の方言を生かした遊郭の怪談が強烈に脳の記憶領域に刻まれています。
あまりに内容が恐ろしいので、古本屋に売ってしまったのが非常に惜しかったのです。が、また読みたくなりました。本著を読んでからは、こちらも以前より内容が理解できそうな気がします。

物語:

時は大正の頃、同じ女学校を出た華やかで明るい明子と地味で控えめな清子。
明子は夫と穏やかで安定した結婚生活を送るが、実家に貧しく暮らす出戻りの清子に同情し声を掛け、彼女は夫の会社の事務員として採用されます。


不倫という昼ドラのテーマになりそうな内容ながら、大正時代の華やかで粋でモダンな風俗を織り交ぜた描写に思わず熱心に読み進んでしまいました。決して刺激だけの安っぽい展開にならないのが岩井志麻子さんの作品らしいです。

明子と清子がお互い(夫や周囲の人間も含めて)責め苛み、妬みの果て、泥沼の状況で終わると思いきや、ラストは明子が再婚相手と登場する、旧き良き洋画か舞台のような風景が出現します。解説で文芸評論家の斎藤美奈子氏が書いていますが、登場人物が演技感ある語り物の文体で浄瑠璃の世界のようです。

子供と家出した清子の歩みが生来の勝気な気性を発揮して誰にも頼らず、我が人生の参考にもなりそうだと思いました。彼女がもう少し弱気な女性だったなら、真面目に事務員を続けていて、明子の夫との関係はなかったかもしれません。

物語が終わった後も、清子が澄んだ瞳の息子と、酒屋の二階で気丈に生活していく様子がみえるようです。明子も元夫の優一郎も自分の力で歩んでいくのでしょう。

この本で俄然興味を覚えた岩井志麻子さん、その著作を更に深く読んでいきたいと思っています。





自由戀愛 [DVD]
出演: 長谷川京子, 木村佳乃,豊川悦司 監督: 原田眞人

TVドラマデータベース
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-38090

原作に忠実に作られたドラマ。
こちらも是非見てみたいです。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
ありがとうございます(^.^)物入れや本棚を整理したら、まだまだ再読の価値ある本が出て来たので、これからもじっくり傾読していこうと思っています。







プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。