撮影監督ジャック・カーディフ氏死去  2012.9/18〜PFFで上映

撮影監督ジャック・カーディフ氏が22日94歳で亡くなりました。(新聞には夕刊に小さく載っていただけでうっかり読み流してしまいました;;)


手でフレームをかたどっている巨匠の姿が素晴らしく格好良いです。
(著作権に触れる場合はご連絡を)


2度のアカデミー賞に輝く名キャメラマン。

そのキャリアは子役から始まり15歳で撮影助手、1935年に臨時の撮影監督、1947年の映画「黒水仙」でアカデミー&ゴールデングローブ賞受賞と驚くべき経歴の数々。

2000年には大英帝国勲章を叙勲。2001年アカデミー賞名誉賞受賞。2002年には東京国際映画祭の審査員として来日、回顧上映とシンポジウムを開催。

彼の著書「MAGIC HOUR―THE LIFE OF A CAMERAMAN 」/愛育社
「腕の良いカメラマンになるには、絵画の光の使い方を分析することが大切だ」色彩の魔術師撮影監督ジャック・カーディフ氏の撮影秘話。


仕事でキャメラを操る友人が最近撮影方法で悩んでいるので、(既に読んでいなければ)是非この本を贈ろうと思っています。



ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング
いつも応援ありがとうございます(^▽^)♪励みになります


☆ジャック・カーディフ撮影作品の上映が2012年9/18〜PFF(ぴあフィルムフェスティバル)であります。
第34回PFF 招待作品部門 映画の”ルック”を浴びてみる!
『赤い靴』『黒水仙』『天国への階段』『老兵は死なず』
詳細はこちら

スポンサーサイト

アシモフ映画監督決定

SF作家I.アシモフ原作の映画「永遠の終わり」の監督がケヴィン・マクドナルドに決定しました。主演はラッセル・クロウ。

「永遠の終わり」

私は知らなかったのですが、映画化は昨年決定したそうです。


1955年に出版されたタイムトラベルを題材にしたラブストーリーで、人類は支配層“エタニティ”により管理されているという設定。 “エタニティ”に属する者は時間を操り、災害を防いだり不必要な者を排除するといった形で歴史を塗り変えることができる。ところが、主人公はおきてを破り別の時代の女性と恋に落ちてしまう。

 
「永遠の終わり」は書評を読んで概略のみの理解でまだ未読ですが、「The End of Eternity」のタイトルを聞くだけでなぜか総毛だってわくわくしますo(^ー^)o
(エタニティと同名の香水もありますね♪)

出版から53年も経ってようやく映画化が実現したのは実に喜ばしいことです。


先日亡くなったJ.G.バラードの作品「Vermillion Sands」も実写アニメ共に映画化希望ですが、同じくSF作家の巨頭アシモフの「永遠の終わり」もついにスクリーンで観れるというのは何よりの楽しみです。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます(^▽^)♪励みになります





天使と悪魔

ダヴィンチ・コードより先に読んだ作品が「天使と悪魔」。
それだけに原作の印象が強いです。
5月15日の公開が待たれます。

予告編
http://video.msn.com/video.aspx?mkt=ja-JP&vid=37f5183f-ec2d-45de-9296-507a4f7ca5b1

ストーリー(Woman Exiciteより)

17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティとして密かに活動していた。今、ローマ教皇死去に際して、そのイルミナティが400年の沈黙を破り復活した。目的はヴァチカンへの復讐。彼らは4人の教皇候補を誘拐し、科学の四大元素“土”“空気”“火”“水”を完全なアンビグラム(=対称形)にデザインした焼き印を胸に押しつけた後、惨殺すると予告。この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンはラングドン教授に助けを求めた。彼はガリレオがローマの名所に隠したイルミナティにつながる暗号を解き進む。しかし、既にヴァチカン崩壊へのカウント・ダウンは始まっていた・・・。


☆以前TBSラジオの毒蝮さんのミュージック・プレゼントで、この映画に出てくる秘密結社イルミナティの事を会場にいたお寺のお坊さんが恐ろしい組織だと話していたのが忘れられません。(仏教とは関係ないのでしょうが、お坊さんなりに勉強して、謎の組織に対する危機感を肌身に感じていたのではと思いました)☆



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます(^▽^)♪励みになります

デートをドタキャンされた(andしてしまった)時

男性とのデートで故意のドタキャンはありませんが、当日急病などの致しからぬ理由で断ったことは何度かあります。

デートをドタキャンされた時の5つの注意点

上記URLの記事内容のような行動は、誰でもなかなか実践できないだろうと思うので、(女性も)心の片隅にでも覚えていて欲しいです。特に4番目の「執拗に残念がる言葉」は男性が言いがちなので気をつけてください。


今まで一番ショックだったのは、数時間前に当日キャンセルする理由を電話で述べた後相手が突然黙ってしまった事。きっと心待ちにしていたのでしょうけど(気持ちは痛いほどわかりますが)沈黙の後、ひどく怒鳴られるんじゃないかとかなり怖かったです^^;
 
結局お大事にの言葉はなく、やっと聞き取れる低い声で「わかりました」の一言だけが返ってきました。その後関係修復に時間がかかったけど、なんとか回復して何年かのつきあいが続きました。


☆主人公がドタキャンする映画...

突然女の子にシッポが生えてデートをドタキャンしちゃう映画「パコダテ人」

2001年函館イルミナシオン映画祭プレミア上映、2002年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品作品。監督は「ブタがいた教室」の前田哲氏。公開当時は15歳の宮?あおいちゃんが出演してかなり話題になったのだろうけど何故かあまり記憶に残らなかったので、今すごく観てみたいなぁと思う映画です。



ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございますヽ(^▽^)ノ励みになります

ミッキー・ローク、ドラマ出演決定

eiga.comより

 米ハリウッド・レポーター誌によると、「リクルート」(03)、「3人のゴースト」(88)などの脚本家として知られるミッチ・グレイザーの監督デビュー作「Passion Plays」に、ロークとフォックスの出演が決定した模様。


ミーガン・フォックスとミッキー・ロークの共演ってどういう雰囲気になるのでしょう?
落ちぶれたトランペット吹きはいかにもロークにぴったりな役柄です(^^)♪
ミーガン・フォックスには是非ほんものの天使(羽根の素材は厳選して。「コンスタンティン」を参照)をお願いします。

日本では初夏公開の映画「レスラー」共々、完全復活の堂々お披露目大いに期待しています。



ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

いつも応援ありがとうございますヽ(^▽^)ノ励みになります



NHKに取材された写真店

昨日NHKの首都圏ネットワークを見ていたら、文化流行最前線のこだわりの写真というコーナーで写真の補正仕上げができる興味深い写真店が取材されていました。(NHKのHPには店名と住所、電話番号が載っています)

○番組で紹介されていたサービスについて

■レンタルラボサービス 
スタッフの説明を受けながら、ラボ機で写真補正仕上げのサービスが受けられます。(要予約 500円/10分)
※番組では詳しい説明がありませんでしたが、お店のHPによると上記サービスを受けるには事前に体験コース(完全予約制 2時間半 3,000円)の申込みが必要です。

取材されたお店を含む写真サイト
http://camerapeople.jugem.jp/

番組の現場になった実店舗monogram はこちら
http://camepstore.com/?mode=f1

「monogram(モノグラム)」
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-19-13 TEL:03-3760-5852
東急東横線「学芸大学」東口より徒歩約1分 OPEN :11:00〜20:00(年中無休)(2階は木金土日祝のみ開放)

Yahoo!地図



番組終了後に検索しましたが、肝心の店名紹介がなかったので(私が忘れっぽかったのか)なかなかサイトを探せず苦労しました(^^;A 昔青山の写真現像所で色調補正のの仕事をしていたせいか(Blog名もそれに由来します)、プロラボ機には非常に興味があります。

写真補正のサービス以外にもショップやライブラリーがあり、是非一度訪ねてみたいお店です。


ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございますヽ(^▽^)ノ励みになります


日本海の景色とバイク映像が楽しみな映画

goo映画より今週上映予定の映画を独断でチョイス(ネタバレ御免)

わたしのなかの8ミリ  2009年4月4日(土)〜キネカ大森公開
監督・脚本:大鶴義丹

出演 : 岡田理江 、 高杉瑞穂 、 長谷川初範 、 湯江健幸 、 千濱汰一

ストーリー:
2年半ぶりにニューヨークから帰ってきたミハルを待っていたのは、昔の彼氏の訃報だった。ミハルは、彼の好きだった8ミリカメラの映像の想い出を胸に、バイクで旅立つ――彼の故郷で墓参りをするために。久しぶりのバイクの感覚が掴めないまま、ミハルは運転を誤り、草むらに倒れこんでしまう。そんな時出会った一人の男。彼が乗っているバイクは、昔の彼と同じもの。そして男の手には8ミリカメラが握られていた。
解説:
俳優だけでなく作家としても活動する大鶴義丹が、『となりのボブ・マーリィ』以来14年ぶりに監督と脚本を手掛けた本作は、昔の恋人の訃報に胸を痛めるヒロインが、墓参りをするために彼の故郷へとバイクを走らせるロードムービー。東京から新潟へ、そして日本海側を青森に向かって北上する…。美しい風景を切り取った映像と、心の再生を丁寧に描いたストーリーが見どころ。人気フォトグラファーの桐島ローランドが撮影監督を務めたのも話題だ。HDVのクリアな映像と、反対に8ミリのザラついた映像のコントラストが面白い。だが何よりも、監督をはじめとするバイクフリークのスタッフ、キャストの“バイク愛”が詰まった映画になっている。


☆☆監督・脚本を手がける俳優大鶴義丹氏と初めて映画の撮影監督を務める写真家桐島ローランド氏(NHKの番組「スタジオパーク」、「ミューズの微笑み」でおなじみ^^*)他熱いスタッフやキャストが創るバイクフリークならではの美しく迫力ある映像が楽しみです。(と自らは免許無しなのにライダーやバイク映画に萌える私。)

公式サイト
http://my-8mm.com/
キネカ大森 JR京浜東北線 大森駅東口 徒歩3分
http://www.cinemabox.com/schedule/omori/soon.shtml


ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございますヽ(^▽^)ノ励みになります



私のなかの8ミリ [DVD]
出演: 岡田理江, 高杉瑞穂, 長谷川初範, 星野園美, 湯江健幸
脚本・監督:大鶴義丹
撮影監督:桐島ローランド


キリン POINT OF NO-RETURN! PREMIUM EDITION (3枚組) [DVD] (2012)
出演: 真木蔵人, 亜矢乃, 久保田悠来, 仁科貴, 湯江健幸
監督: 大鶴義丹
撮影監督: 沖芝和彦
Movie Walker












プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト