消えた心臓/M.R.ジェイムズ

SNSで懇意の方よりの提供にて、本とDVDを拝見しました。

『消えた心臓』

M.R.ジェイムズ傑作集 (創元推理文庫 528-1) より

この傑作集、現在では近年刊行の文庫(2001年度版)が出ているようです。

下記のドラマ化された作品より、原作では当然ながら館の主である魔術研究家の描写が詳しく描かれ、M.R.ジェイムズ描くオカルトの特性がかなり強調されているなあと感じました。
本書では遺体が少年により浴室で発見されるのがドラマと違うのですが(映像ではそれが幻)、孤児少年の自然体の可憐さは余り伝わってこないですね。
他に行き場のない孤児が引き取られ、風格ある屋敷で世話をされるところまでは童話のように平板ながら、魔法を信奉する狂人博士に犠牲になる(あるいは亡者に復讐を受ける)物語はゴシック恐怖譚では典型の愉しみであり、醍醐味ではないでしょうか。

本作より他の収録作品において、英国の地誌学や博物学の描写が精緻を極め、古い翻訳ではありますが紀田順一郎氏による名訳が、好古家にとって大変興味をそそる内容になっています。




【映像】
Lost Hearts(TV 1973)
http://www.imdb.com/title/tt0216888/

本の内容より、恐怖度はかなり薄まっています。ホラーが苦手な方でも大丈夫かも。
嵐が丘やジェイン・エア等英国らしい文学作品が好きな方はお薦め。
(しかし、相当古いので中古市場でも見つけるのは困難か。)

消えたジプシーの子供が持っていた楽器が珍しくて、wikiを調べてみました。
Hurdy gurdy
古くはルネサンス時代からある楽器だそうです。
物語の中で、幽霊の出現を恐れた館の主人により燃やされてしまうのですが、誠に勿体ない。

ドラマゆえ主人公の少年の危機はあっさりと解決してしまいますが、このお屋敷には、他に使用人がいないのか、あるいは村人は何処にいるのかとか、余計な事が気になってしまいました。

imdbのユーザー評にあるように日本でも、古いBBC作品の放映があると嬉しいですね。






ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング
ありがとうございます。

上記原作の映画化作品は、他に『悪魔の呪い』ジャック・ターナー監督(原作「人を呪わば」)があります。
imdb
コメディ?と見間違うジャケ写ですが、原作では最も恐怖感を覚えた作品なので、こちらも是非。

スポンサーサイト

しろいうさぎとくろいうさぎ【絵本】



たまには、絵本の紹介を。

昨年、絵本ナビで購入しました。


本書購入のきっかけは、(以前にも書いたおぼえがありますが)都心のビジネスホテル女性専用ゾーンに置いてあって休暇中手にとって読み、非常に印象深く記憶に残った作品です。
書店で探す間もなく、早速帰宅後通販購入しました。

あらすじにあるように、物語は2わのうさぎのお話です。

野原でいつも楽しく遊んでいた白いうさぎと黒いうさぎ。ある時、黒いうさぎが悲しそうなかおをしています。
白いうさぎが訳をきくと、「ぼく、ねがいごとをしているんだよ。
いつも いつも、いつまでも、きみといっしょにいられますようにってさ。」
と答えます。
そうすると、白いうさぎが「いっしょうけんめいそのねがいごとをかんがえてごらんよ!」と黒いうさぎに声を掛けます。
ふたりは言葉を交わし、願いは叶えられ、森のなかで結婚式が開かれふたりは皆とダンスを踊ります。

人間の場合、実際は、そう簡単にはいかないでしょうけど(笑)、
こんな極めてシンプルなやりとりが恋人でも家族でも友人間でも大切だと思いました。

ファンタジーめいた話をしますが、ホテルに泊まった夜は大雨で、たまたま置いてあったこの絵本との出逢いは(雨が降るように)天からの贈り物だと直感しました。
それに、宿泊理由のひとつが、ある知り合いに関係していましたから(家では見られないBSTV)。

自分がはたしてこの白いうさぎのように、相手の懐深く働きかけられるかわからないです。
でも肝心な瞬間になったら、きっと勇気をもたらしてくれるのではないか、と淡い期待を持って度々読みかえしています。








ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
他にも絵本ナビで大人向けの絵本を探してみると、『愛についてのちいさなおはなし』がありました。
レビューを見ても、哲学的で小さい子供にはちょっと難しそうですが、挿絵が淡彩で綺麗です。
日頃ジャンルは何でもいいのですが、普段本を読み慣れている十代から大人層なら、価値ある一冊になるのではないでしょうか。

無花果の森/小池真理子



無花果の森 [単行本]
小池 真理子 (著)
単行本: 485ページ
出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/6/2)


題材が映画監督の妻の逃避行と日経ブッククラブの紹介にあったので、興味も手伝い一気に買ってしまいましたA^^;

でも、一回読んでしまったら、主人公の運命の鍵を握る塚本鉄冶の役割が分かってしまい、二度目の面白さが半減。
もう少し伏線を多くしたら、更にスリリングだったかも。
(それで話が複雑過ぎることはなかったでしょうから)

映画監督の妻だった泉も、どこか無駄に思い悩んでいる箇所も散見されます。
小説で表現される夫の性格や素行はとても口にだして言えないけど、ある特定の人物が浮かんで来ます。(作品の内容はまったくちがうけど)

ゲイバーのマスターのナビで泉と鉄冶が結ばれるラストは心穏やかになるシーンですが、せっかくの個性的な設定なのに月並みの恋愛小説になってしまった感が。厳しいけど登場人物が各々の道を歩む、ビターエンドの結末の方が読み手の成熟を促すかもしれません。



小池真理子さんの小説は、つい買ってしまう魅力に溢れていて、ピンキリはあるものの既読の作品が多いです。
無伴奏/集英社文庫
水の翼/新潮文庫






ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
『無花果の森』に出てくる場末のゲイバー、懐かしいと思いながら読みました。
かつて街に詳しい友人と足を運んだ店は新宿にあったのですが、場末ではないけど映画関係の来客が多く、「キネマ旬報」を初めて知った店でもあります。
しかも小説のマスターはデヴィッド・リンチのファンですから(作品は限定されるものの自分も好み)、店内BGMで流れる「ブルー・ベルベット」の妖しい雰囲気に浸って読み耽ってました。




金閣寺/三島由紀夫

金閣寺 (新潮文庫) [文庫]
三島 由紀夫 (著)


表紙の炎上絵、美しいながらもインパクトがありますね。
震災での火災を思い出す事もあり今回、文字リンクのみにしました。

三島由紀夫文学館HPから 作品紹介
炎がデザイン化された初版本の表紙が、私には親しみやすいように感じます。

本書を最初に読んだ記憶は、かなり以前のものでした。
放火犯の心理をテーマに据えた犯罪小説ではありますが、当時の対人的な悩みが読むことで幾分か救われた思いがしたものです。

最近、三島映画祭上映の告知から、書棚にあった『金閣寺』を読み返しています。
本書を映画化した『炎上』は、先日レンタルDVDを鑑賞しました。今回の上映では観られないかもしれません。

映画と比較して、映画は巨匠による大作ながらも書籍のほうがストーリーに陰影と深みのある印象です。地デジTV購入後の鑑賞でしたがモノクロなので、細部に見づらい部分が多々ありました。

主人公溝口の最期も、護送されて鉄道から飛び降りて死んでしまうところが、大いに不満だったり。若きスター市川雷蔵は、いくら吃音の設定でも生年らしい純粋さが際立つ申し分ないキャラクターでした。

親友の鶴川の台詞も、口調が上滑りして軽くなっていて残念でした。
大学の学友である柏木(映画では戸刈)は、原作通りのシニカルな性格や言葉の鋭さが表現されていたように思います。現在の仲代達矢と同一人物と思えず、若手俳優と代わらぬ秀逸な演技でした。
柏木の障害である内翻足の動きに関して、(本当に不謹慎ですが)どう演ずるか興味深々でしたが、全く本質に迫る巧みな動きのように感じました。

遊郭の女性を演ずる中村玉緒の若かりし姿、見られて予想外の幸運でした。(原作では玉緒さんより蓮っ葉で軽い印象です。)
物語に登場する女性は、当然ながら演じる女優によって左右されるので、
三島の表現する美に叶う人物を体現するのは、いくらベテランでも難しいのかもしれません。

映画での逮捕後の展開はどうも付け足しのようで、やはり、主人公には原作通り、しぶとく生き残っていて欲しかったです。溝口青年は自分にとって極限の美を燃やして父親からの束縛の元も解消する事で、俗に環ったところがあるのでしょうか。


三島映画祭は、角川シネマ有楽町にて6/3まで上映中です。
http://www.kadokawa-cinema.jp/yurakucho/




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

本書のあとがきにある、「人と文学」「金閣寺について」「年譜」を今回珍しく熟読しています。購入年である十年前よりも作家個人に興味を持って来ているのかもしれません。三島由紀夫というと、どうしても美輪明宏さんのように華やかな交遊関係に想いが行ってしまいますが、父親が上級公務員で祖父も県知事・官庁長官であったと知ると、また別な見地からオーソドックスな三島像を眺める楽しみも味わえます。


忍者月影抄/山田風太郎



忍者月影抄 (講談社ノベルス・スペシャル―山田風太郎傑作忍法帖) [新書]
山田 風太郎 (著)


新書: 258ページ
出版社: 講談社 (1994/05)

あらすじ:
江戸日本橋の袂で晒し者にされた3人の女の肌に朱書された「公方様御側妾棚ざらえ」の文字。将軍吉宗に赤恥をかかせんとする尾張宗春は、甲賀忍者御土居下組と尾張柳生に密命を下す。対するは江戸柳生と伊賀忍群。幻怪眼を奪う忍法戦。 (Amazonより)

古書サイト登録店より、購入。

くノ一忍法帖(富士見書房)に続き、山田風太郎忍法帖は二冊目(後に柳生忍法帖の上下巻を読了)でしたが、前回の方が真田の命を受けた女忍者達を主人公にストレートに物語に入れ込み易く、対してこちらは通の忍法好みの書かと思います。

伝奇時代小説はまだ読書経験が浅く、忍法や剣術の限りを尽くす場面よりも、女性的な面白さを感じられる部分を先に読み進めました。
忍法埋葬虫、女人花、それに夢若衆と鏡地獄(この二話は、両性愛の傾向がありますね)の話に魅かれました。
埋葬虫の最期は、生きながら腐敗してゆく姿で、何とも無常で寂寥感漂う場面です。小野小町の九相図の絵にも例えられるでしょうか。

もっとも、頁順に権謀術数にワクワクしながら丁々発止と読むのが正統派で、これは邪道でしょうね。





ブログ村、人気ブログランキング、blogramランキングに参加しています。
よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログへ  人気ブログランキングへ  blogram投票  ボタン
ありがとうございます。
山田風太郎忍法帖シリーズの映画化作品で、以前掲載した『柳生外伝 くノ一忍法帖』、『魔界転生』以外ではまだ未見で、事前にレビューを読む限り、DVDを借りたいと思える作品に出会っていません。
アニメでも良いので、他時代伝奇物を圧倒する半端でない作品を今後も望みます。







プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト