スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゾンエルメス、予約完了。

前回紹介のトラン・アン・ユン監督の映画『青いパパイヤの香り』、メゾンエルメスでの予約開始初日には全部埋まっていたので、
数日前に見に行ったところ、空きが出ていて補助席でしたが、無事予約が出来ました(^^v

まだ未予約の方は、希望する日時が近くなった頃がお薦めです。
また自分では試してみてないのですが、当日のキャンセル待ちも空いていたら可能かと思います。
DVD購入の前に、ミニシアターでの鑑賞を是非。

公式HP
http://www.maisonhermes.jp/ginza/


青いパパイヤの香り
allcinema
コメント欄に、小津安二郎が入っているようにも思え とありますが、過去に行った講演会で一部視聴した画面でも、そのように感じました。
監督は、説明の所作をする掌(たなごころ)に何か熱源でもあるのかと思う程、果てしないエネルギーに溢れていましたね。
早く全編を観てみたいものです♪




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

『青いパパイヤの香り』の邦版と海外版の予告編をYouTubeで見比べてみました。
前者は、字幕から古い邦画のようにも思えてしまうので(それはそれで小津映画似の雰囲気ですが)、私としては海外版の方が良いですね。



スポンサーサイト

メゾンエルメス内ル・ステュディオの休館、新春の映画紹介

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

メゾンエルメス内ル・ステュディオ(ミニシアター)、1~2月は休館。 
http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/ 
いつも上映内容が他に抜きん出て新鮮な銀座のプライベートシアターですが、
今年初めての上映になる3月の作品を楽しみに待っています(2月より予約開始)
上映作品: 『青いパパイヤの香り』トラン・アン・ユン監督

同監督の来日時に聴講した講演会の紹介を書いてます。
映画講演会 劇的3時間SHOW byトラン・アン・ユン
当時、かなり多くのメモを聴きながら書いたのですが、後で読めずにUpできず…残念ですA^^;



最後に、1月~ロードショー、再映映画の簡単なお薦め紹介を。

『クリムゾン・ピーク』ギレルモ・デル・トロ監督 上映中
内容は同監督作品「パンズ・ラビリンス」には及ばないかもしれないが、ホラー度より衣装、美術を鑑賞希望。
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」ジム・ジャームッシュ監督(こちらは必見)に出演したミア・ワシコウスカ、
トム・ヒドルストンに期待。

『おみおくりの作法』
DVDを買う前に、映画館で鑑賞を。
キネマ旬報シアターにて、2月13日~26日上映予定。
関東近県で見逃した方は千葉・柏まで。




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

『おみおくりの作法』エディ・マーサン出演の『思秋期』も、深みのある人間ドラマを求める方にお薦めです。
Amazonレンタル落ちなら安価ですが、綺麗な画面で見たいなら、DVDは新品を。




銀鈴でも、おみおくりの作法。

映画.comにて、ちょくちょく上映スケジュール確認をしてました。

135x90.jpg
allcinema

一日単位~週単位の上映スケジュールになって嬉しいです。
ギンレイホールの上映スケジュール
11/6迄。

いまいち体調に不安が… って言ってられない。
なるべく上映中に劇場へ行ける人は、この映画『おみおくりの作法』をスクリーンで観ておいてください(DVDでも配信でもいいけど)。
ただ淡々とした雰囲気を味わって貰えればいいので、欲いえば監督の他作品や主演俳優のファンが増えますように。





ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

本映画の主役の仕事である民生委員、複数の親類や近所の人がこの重い役目を負った経験があるそうです。
あまり詳しく聞いてはいませんが、担うに当たって、社会的信用やら諸々の条件が必要な様ですね。
最近はその一人の家族が亡くなっているのですが、普通の人より事前に多くの知識を得ているので、各種届出や葬儀もスムーズにいったのではと想像します。
兎に角、この世を去るのは、孤独死にしても他人に思わぬ影響を与えるものですが…。

武蔵村山のシネコンで、おみおくりの作法。

以前、映画『おみおくりの作法』を紹介した記事です

東京近郊の方向けですが、6月26日迄シネコン上映があります。
(また、他地域のシネコンでも同時期の上映あり、公式HP参照)

場所は武蔵村山のイオンシネマで、13:55~の1回上映です。
googleマップ
西武線玉川上水、武蔵砂川、東大和各駅、JR立川駅からバスの運行有り。
車での経路共、イオンシネマHP内アクセス参照。

シネコンだと一般に観る作品は先ずエンタメ性の高い作品ですが、お一人でも友人でも親子でも、ミニシアターで掛かるようなしんみりした映画は意外と評判良いかもしれません。
是非、ご鑑賞を。




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

昔より増えて来てはいますが、再映ではまだまだ少ないミニシアター、アート作品の(シネコンでの)上映回数。
ファンのリクエスト、関係者の方の積極的なご検討をお願いします。

おみおくりの作法、5月も各地で上映。

おみおくりの作法

シネマカリテでの上映終了日には間に合わないかもしれませんが、同作品に関心のある方に劇場鑑賞をお薦めしてます。
同館4月30日迄、上映時間18:00~です。
5/2~シネマート新宿、5/9~角川シネマ有楽町他全国各地でも上映予定。

allcinema
おみおくりの作法(2013)
STILL LIFE
作品情報
監督: ウベルト・パゾリーニ
脚本: ウベルト・パゾリーニ
撮影: ステファーノ・ファリヴェーネ
音楽: レイチェル・ポートマン

出演: エディ・マーサン  ジョン・メイ

公式サイト
http://bitters.co.jp/omiokuri/

ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行う孤独で真面目な地方公務員を主人公に、彼が見ず知らずの故人の人生に誠心誠意向き合い、関係者を訪ねてイギリス各地を旅する中で自らの人生も見つめ直していく姿をユーモアとペーソスを織り交ぜ、切なくも心に沁み入る筆致で優しく綴る。主演は英国の実力派、エディ・マーサン。監督はイタリア出身で、「フル・モンティ」の製作などおもにプロデューサーとして活躍し、監督としてはこれが2作目のウベルト・パゾリーニ。
(allcinema 解説より)

予告編
編集されてはいますが、映像の最初の瞬間から好きになれそうな映画です。




ブログランキングに参加しています。一日一度クリックをお願いしますm(__)m
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ blogramのブログランキング

ありがとうございます。

ウベルト・パゾリーニ監督は製作を担当した『フル・モンティ』を深夜TVで幾度となく視聴済です。
男性がストリップを演じる雰囲気自体は好きになれそうでもないのですが、多少飽きてしまっても最後まで鑑賞に答える魅力のある映画だと想います(音楽もしかり。但し、あまり嵌り過ぎると別な世界に…)
プロフィール

にゃん★たろう

Author:にゃん★たろう
こだわりの映像作品(DVD、劇場映画、TV)他についての感想と雑記です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
twitter
Blogpet
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
匿名通報ダイヤル
忍者アナライズ
検索フォーム
リンク
ブログランキングバナー
にほんブログ村 映画ブログ 単館・ミニシアター系映画へ

blogramのブログランキング
RSSリンクの表示
ウェザーニュース
にほんブログ村
Amazonアソシエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。